SPGアメックスの無料宿泊&7大特典とメリット・デメリットを解説します

憧れのファーストクラスも夢じゃない!!
年間20万マイルを貯める方法はコチラ

クレジットカードで貯めたポイントで高級ホテルに無料で泊まれる、しかも自動的にゴールド会員扱いとなり、朝食無料やアーリーチェックイン(通常より早い時刻のチェックイン)やレイトチェックアウト(通常より遅いチェックアウト)などの特典も受けられる、そんな夢のようなクレジットカードがあります。

マイレージのホテル版とも言うべき、そのカードの名前は「SPGアメックス(正式名称:スターウッド・プリファード・ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)」。

SPGアメックスの年会費は33,480円(税込)と非常に高額ですが、それを補って余りある特典が付いてきます。

SPGアメックスの7大特典

  • 毎年1泊の無料宿泊プレゼント:ウェスティンやシェラトンなどのスターウッド系列ホテルに毎年無料で宿泊できる(ただし入会初年度は対象外)
  • ポイントを貯めて無料宿泊:クレジット決済などでポイントを貯めると、そのポイントで無料宿泊できる(スターウッド、マリオット、ザ・リッツカールトンのホテルが対象)
  • ゴールド会員特典:無料で部屋のアップグレードを受けられたり、クラブラウンジが利用できたり、朝食が無料になったり、最大16時のレイトチェックアウトができたりする上級会員になれる
  • 様々なマイルに交換:貯めたポイントは様々な航空会社のマイルにも交換可能(2万ポイント→2.5万マイル)
  • 紹介経由の入会でお得:友達紹介で入会すると12,000ptを貰え、紹介した人も10,000pt貰えるので、夫婦や家族で入会するとめちゃくちゃお得になる
  • SPGホテルでお得:ホテル宿泊費をSPGアメックスで支払うとボーナスポイントが貰え、SPGホテル内レストラン利用時は15%OFF
  • 充実のカード特典:海外旅行保険や海外緊急アシスタントサービス、手荷物無料宅配やリターンプロテクションなどアメックスの充実した特典も付帯

私も2017年に入会し、今やメインカードのひとつとしてフル活用しています。

自身の体験を交えながら、これら数多くの特典をひとつずつ丁寧に解説していきたいと思います。

 

 

Contents

なぜSPGアメックスか?

本題の前に、SPGアメックスに出会う前、私はクレジットカード決済をANA VISAワイドゴールドカードに集中させてきました。

ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードのメリットとデメリットと裏技

2018.01.29

ANAマイルを貯めるためです。

カード決済でコツコツ貯めたマイルで、イタリアやハワイ、北海道、中国などなど様々な国に行くことができました。

しかし、2016年にこちら↓の方法に出会ってから、状況が一変しました。

【2018年 新ソラチカルートに対応】年間20万マイル以上!ANAマイル最強の貯め方とは?

2018.04.05

クレジットカード決済を一切しなくても年間40万マイルも貯まるようになったのです。

それだけのマイルがあれば、家族を連れて世界中どこへでもビジネスクラスで行けるようになります。

が、ひとつ問題があります。

確かに飛行機にお金はかからなくなりましたが、滞在先のホテル代は馬鹿になりません。

「できればホテルもポイントで泊まれないだろうか」

そんな時に出会ったのがSPGアメックスです。

SPGアメックスはANAカードのように、日常の買い物で使うとポイントが貯まり、そのポイントで無料宿泊ができるクレジットカードです。

しかも泊まれるホテルは、世界でも有名なラグジュアリーホテル、リゾートホテルばかり。

「ビジネスクラスで移動し、高級ホテルに滞在」

マイルはクレカ決済以外で貯めて、クレカ決済でホテルのポイントを貯めることで、そんな夢のような旅行を実現できるようになりました。

 

特典①:年1泊の無料宿泊プレゼント

SPGアメックスは、毎年クレジットカードの更新をすると1泊無料宿泊特典がプレゼントされます。(年会費引落し後に特典付与)

予約できる部屋はスタンダードルームに限られますが、365日いつでも部屋に空きがある限り利用可能です。

航空会社のマイルで予約できる特典航空券は、特典用の枠が決まっていたり、設定除外日があったりしますが、SPGアメックスにはそういった制限がありません。

予約のキャンセルも可能です。

また、後述するゴールド会員特典によって、無料宿泊の場合でもより高いランクの部屋にアップグレードされる可能性も大いにあります。

宿泊可能なホテルはスターウッド系列のホテルの内、カテゴリー1~6までです。(カテゴリーとはホテル毎のランクのようなもので、スターウッドは1~7まであります)

スターウッド系列のホテルブランドはこれだけあります。

  • セントレジス
  • ラグジュアリーコレクション
  • Wホテル
  • ウェスティン
  • シェラトン
  • ル・メリディアン
  • トリビュートポートフォリオ
  • デザインホテルズ
  • アロフト
  • フォーポイント
  • エレメント

スターウッドと言ってもピンとこない方でも、ウェスティンやシェラトンは知っている人も多いと思いますし、実は日本国内にもこれだけの系列ホテルがあります。

地域 ホテル名 カテゴリー 無料宿泊特典
北海道 キロロ トリビュートポートフォリオホテル北海道 4 対象
シェラトン 北海道キロロリゾート 5 対象
ウェスティン ルスツリゾート 6 対象
フォーポイントバイシェラトン函館 4 対象
東北 ウェスティンホテル仙台 5 対象
関東 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 6 対象
ウェスティンホテル東京 6 対象
シェラトン都ホテル東京 5 対象
ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 7 対象外
横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ 5 対象
関西 ウェスティン都ホテル京都 5 対象
翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都 7 対象外
ウェスティンホテル大阪 5 対象
セントレジスホテル大阪 7 対象外
シェラトン都ホテル大阪 4 対象
ウェスティンホテル淡路 4 対象
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ 4 対象
中国 シェラトングランドホテル広島 5 対象
九州 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート 5 対象
沖縄 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート 6 対象

※フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港(2018年11月オープン予定)

残念ながら最上級クラスのザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都、セントレジスホテル大阪には宿泊できませんが、恵比寿にあるウェスティンホテル東京、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル、スノーリゾートのウェスティン ルスツリゾート、ビーチリゾートのシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートなど数多くのホテル、リゾートに宿泊可能です。

ハワイにも対象ホテルが多数あります。

ホテル名 カテゴリー 無料宿泊特典
オアフ島 シェラトン・ワイキキ 6 対象
モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ 6 対象
ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションリゾート 6 対象
シェラトン・プリンセス カイウラニ 5 対象
ハワイ島 シェラトン・コナリゾート&スパ・ケアウホウベイ 4 対象
カウアイ島 ウェスティン・プリンスヴィル・オーシャンリゾートヴィラズ 6 対象
シェラトン・カウアイリゾート 5 対象
セントレジス・プリンスヴィルリゾート 7 対象外
マウイ島 ウェスティン・カアナパリ・オーシャンリゾートヴィラズ 6 対象
ウェスティン・ナネア・オーシャンヴィラズ,カアナパリ 6 対象
ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ,カアナパリ 6 対象
シェラトン・マウイ・リゾート&スパ 6 対象

オアフ島のシェラトン、モアナサーフライダー、ロイヤルハワイアンはいずれもオンザビーチのリゾートとして有名なホテルですね。

もちろん紹介した以外の世界中のスターウッドホテルに宿泊可能です。

SPGアメックスの無料宿泊特典は土日、ゴールデンウィーク、年末年始関わらず部屋に空きがあれば宿泊可能です。(予約キャンセルも可能)

例えば、東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルのシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルのスタンダードルームの場合、普通の土日でも1泊39,000円5/4はなんと71,000円にもなります。(前々日までキャンセル可能なフレキシブル料金の場合)

ワイキキのロイヤルハワイアン・ラグジュアリーコレクションのヒストリックルームの場合、8月は1泊$500ドル以上です。

スターウッドの高級ブランドは1泊3万円、4万円は当たり前なので、無料宿泊特典だけでSPGアメックスの年会費の元が取れてしまいます。

無料宿泊特典の注意点

無料宿泊特典で予約可能な部屋は、そのホテルの最もスタンダードな(=安い)部屋です。

ほとんどのホテルでスタンダードルームの定員が2名のため、家族旅行の時は注意が必要です。

定員2名ということは大人は最大2名までしか利用できません。

子供の場合は、添い寝という形で同じ部屋に宿泊可能です。

添い寝が可能な年齢はホテルによって異なります。(17歳までOKというホテルもあります)

大人3人以上での宿泊や子供が大きいor多い場合は、SPGアメックスを夫婦で所有するという手もあります。(年会費は倍かかります)

 

 

特典②:ポイントで無料宿泊できる

スターウッドのポイント宿泊

SPGアメックスはカードでの支払い100円毎に1スターポイントが付与されます。

以下、ポイント付与対象外となる支払い

NHK、ユニセフ、楽天Edy、モバイルsuica、SMART ICOCA

以下、200円毎に1スターポイント付与となる支払い

電気料金、ガス料金、水道料金の一部業者

国税、国民年金保険料、都道府県税 ※Yahoo!公金支払いは100円=1スターポイント

貯めたスターポイントを使って無料で宿泊できます。

必要なポイント数はカテゴリー毎に決められています。

先ほど挙げたスターウッドのホテルをポイント数別にまとめてみました。

カテゴリー
&必要ポイント数
国内ホテル ハワイ
カテゴリー 4

10,000ポイント

  • キロロ トリビュートポートフォリオホテル北海道
  • フォーポイントバイシェラトン函館
  • シェラトン都ホテル大阪
  • ウェスティンホテル淡路
  • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • シェラトン・コナリゾート&スパ・ケアウホウベイ
カテゴリー 5

12,000~
16,000ポイント

  • シェラトン 北海道キロロリゾート
  • ウェスティンホテル仙台
  • シェラトン都ホテル東京
  • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • ウェスティン都ホテル京都
  • ウェスティンホテル大阪
  • シェラトングランドホテル広島
  • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
  • シェラトン・プリンセス カイウラニ
  • シェラトン・カウアイリゾート
カテゴリー 6

20,000~
26,000ポイント

  • ウェスティン ルスツリゾート
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ウェスティンホテル東京
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • シェラトン・ワイキキ
  • モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ
  • ロイヤルハワイアン ラグジュアリーコレクションリゾート
  • ウェスティン・プリンスヴィル・オーシャンリゾートヴィラズ
  • ウェスティン・カアナパリ・オーシャンリゾートヴィラズ
  • ウェスティン・ナネア・オーシャンヴィラズ,カアナパリ
  • ウェスティン・マウイ・リゾート&スパ,カアナパリ
  • シェラトン・マウイ・リゾート&スパ
カテゴリー 7

30,000~
35,000ポイント

  • ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都
  • セントレジスホテル大阪
  • セントレジス・プリンスヴィルリゾート

※一部追加のポイントが必要なホテルがあります

国内、ハワイいずれも10,000スターポイントから宿泊可能です。

100円毎に1スターポイントですから、100万円分決済すると無料で1泊できることになります。

1泊5万円以上のシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルは20,000ポイントで宿泊できますし、前述の年1泊の無料宿泊特典では利用できなかったカテゴリー7のホテルにも30,000ポイントで宿泊可能です。

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル京都のフレキシブル料金はなんと10万円オーバーですから、30,000ポイントで宿泊できるのはかなりお得です。

ハワイのホテルでは、

モアナサーフライダー・ウェスティン・リゾート&スパ $340

ロイヤル・ハワイアン・ラグジュアリーコレクションリゾート $435

に20,000ポイントで宿泊可能ですし、

5連泊すると4泊分のポイントで宿泊できる制度使えば、1泊当たり16,000ポイントになります。

ハワイのセントレジス・プリンスヴィルリゾートは1泊なんと$1500なのに5連泊なら1泊当たり24,000ポイントで宿泊可能ですから、さらにお得です。

国内、ハワイ以外でも

ニューヨーク・・・セントレジス・ニューヨーク 695ドル

ハワイ・・・ウェスティン・ナネア・オーシャンヴィラズ 819ドル

バリ島・・・セントレジス・バリリゾート 68,000円

など世界の都市、リゾートホテルに3万ポイントで宿泊できます。(上記値段は1泊の料金の目安)

スターポイントは基本的に有効期限はありませんので、じっくりポイントを貯めてカテゴリー7の超高級ホテルに連泊することも可能です。(ただし、1年間スターポイントの購入、獲得、交換または移行がない、またはスターウッドの滞在がない場合はアカウントが無効になります)

SPGの対象はこれらホテルです。

高級路線のセントレジスやラグジュアリーコレクションから低価格路線のフォーポイントなど幅広いホテルで宿泊が可能です。

ポイントで宿泊できる部屋は、基本的にはスタンダードルームですが、SPGゴールド専用デスクに電話するとクラブルームなどWEBサイトに載っていないプランを紹介してもらうことも可能です。

 

マリオットホテルもポイント宿泊可能

スターウッドは10のホテルブランドを抱える世界有数の高級ホテルグループですが、2016年に世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」に買収されました。(その額なんと約136億ドル!)

この買収により、スターウッドはマリオットグループに仲間入りすることになり、それ以前からマリオットの傘下だったザ・リッツ・カールトンと併せて3つのホテルグループがひとつになりました。

それに伴って、3社(マリオット、ザ・リッツ・カールトン、スターウッド)のポイントプログラムが相互に交換できるようになりました。

もちろん、SPGアメックスの決済で獲得したスターポイントもマリオットやザ・リッツ・カールトンのポイントに交換が可能です。

その交換レートは、

 1スターポイント = 3マリオットポイント = 3ザ・リッツ・カールトンポイント

です。

SPGアメックスは100円の買い物につき1スターポイントもらえますので、マリオットあるいはザ・リッツ・カールトンのポイント3ポイント分ということになります。

このスターポイント→マリオットへの1:3という交換レートがあまりに優れているため、実はSPGアメックスで貯めたポイントは、スターウッドよりもマリオットの方がかなりお得に使えます。

先ほどと同じように宿泊に必要なポイント別にホテルを並べてみました。

(海外のマリオットホテルは数えきれないぐらいありますので、私の独断と偏見でその中のごく一部を掲載しています)

カテゴリー
&必要ポイント数
国内ホテル 海外(一部)
カテゴリー5

25,000ポイント
=8,334スターポイント

  • バンコク・マリオットホテル・スクンビット
  • JWマリオットホテル・クアラルンプール
カテゴリー6

30,000ポイント
=10,000スターポイント

  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • コートヤード新大阪ステーション
  • モクシー大阪本町
  • 台北マリオットホテル
  • マリオット・バリ・ヌサドゥア・ガーデンズ
カテゴリー7

35,000ポイント
=11,666スターポイント

  • コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション
  • コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
  • モクシー東京錦糸町
  • 軽井沢マリオットホテル
  • 伊豆マリオットホテル修善寺
  • 富士マリオットホテル山中湖
  • 琵琶湖マリオットホテル
  • 南紀白浜マリオットホテル
  • ルネッサンス リゾート ナルト
  • オキナワ マリオット リゾート&スパ
  • コートヤード・ワイキキ・ビーチ
  • JWマリオット・マーキスホテル・ドバイ
カテゴリー8

40,000ポイント
=13,333スターポイント

  • 東京マリオットホテル
  • ザ・プリンス さくらタワー東京
  • 大阪マリオット都ホテル
  • ルネッサンス・オキナワ・リゾート
  • シンガポール・マリオットホテル
  • シドニー・ハーバー・マリオットホテル・アット・サーキュラーキー
  • JWマリオット・プーケット・リゾート&スパ
  • ワイキキ・ビーチ・マリオット・リゾート&スパ
  • マリオット・コオリナ・ビーチ・クラブ
カテゴリー9

45,000ポイント
=15,000スターポイント

  • JWマリオットホテル香港
  • JWマリオットホテル・シンガポール サウスビーチ
  • パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテル
  • ニューヨーク・マリオット・マーキス

※マリオットのカテゴリーとSPGのカテゴリーは別モノです

マリオットのブランド一覧

先ほどのスターウッドのポイント宿泊に比べて、マリオットの必要ポイント数はかなり低いのがわかるかと思います

国内のホテルはカテゴリー6以上(ほとんど7か8)とやや敷居が高いですが、無料宿泊の必要ポイント数はスターポイント換算で10,000~13,334ポイントとかなりお得です。

東南アジアの都市部ならカテゴリー5でもハイクラスのマリオットに宿泊できます。

さらに、後ほど詳しく書きますが、SPGアメックスを持っているだけでマリオットのゴールドエリート会員として宿泊ができるため、どの部屋に泊まってもクラブラウンジが利用できたり、朝食が無料になったりする特典が付いてきます。

これらの特典はスターウッドやザ・リッツ・カールトンでも受けることが可能ですが、クラブフロアに宿泊する必要があるため、通常の宿泊に必要なポイントに加えて、部屋のアップグレードにポイントを使う必要があります。

私も昨年、SPGアメックスの入会キャンペーンで貰ったポイントを使って、クアラルンプールのJWマリオットに宿泊しました。

その際、ゴールドエリート会員の特典を受けました。

アーリーチェックインにレイトチェックアウト。

上層階の部屋にアップグレードされました。

クラブラウンジでティータイムとカクテルタイム。

お隣のザ・リッツ・カールトン・クアラルンプールのスパの利用。

そして無料の朝食。

SPGアメックスのゴールド会員特典のおかげで、朝食無料、クラブラウンジ利用可、アーリーチェックイン、ザ・リッツ・カールトンのヘルスクラブまで利用できて、わずか15,000マリオットポイント(=5,000スターポイント)でした。

詳しくはこちら↓

JWマリオット・クアラルンプール:SPGアメックスでポイント宿泊&無料朝食&ラウンジを満喫

2017.10.16

マリオットは最上級のカテゴリー9に宿泊してもスターポイント換算で15,000ポイント、SPGアメックスなら150万円分の決済で手に届きます。

例えば、パリにあるパリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルの1泊宿泊料金はおおよそ500ユーロ~ですが、ポイント宿泊ならスターポイント換算で15,000ポイントで泊まれます。

めちゃくちゃお得ですね。

マリオットもスターウッドと同様にポイントによる宿泊は4泊で5泊目無料になり、5連泊するとさらにお得です。

 

ザ・リッツ・カールトンにも宿泊可能

先ほど説明しました通り、ラグジュアリーホテルとして日本でも有名なザ・リッツ・カールトンは、マリオットグループのホテルです。

そのおかげで、SPGのスターポイントはザ・リッツ・カールトンのポイントにも交換でき、そのポイントで無料宿泊可能です。

またマリオットのポイントでザ・リッツ・カールトンのポイント宿泊することも可能です。

つまり、SPGアメックスの決済で貯めたポイントであのザ・リッツ・カールトンに宿泊することができます。

ランク&必要ポイント数 国内 海外(一部)
ティア1

30,000ポイント
=10,000スターポイント

  • ザ・リッツカールトン・クアラルンプール
ティア2

40,000ポイント
=13,334スターポイント

  • ザ・リッツカールトン・バリ
ティア3

50,000ポイント
=16,667スターポイント

  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • ザ・リッツ・カールトン カンクン
ティア4

60,000ポイント
=20,000スターポイント

  • ザ・リッツ・カールトン沖縄
ティア5

70,000ポイント
=23,334スターポイント

  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • ザ・リッツ・カールトン京都
  • ザ・リッツ・カールトン香港
  • ザ・リッツ・カールトン ドバイ
  • ザ・リッツ・カールトン ニューヨーク セントラルパーク

マリオットの最上級カテゴリーよりも必要ポイント数は上がりますが、SPGアメックスで貯めれば年間240万円決済で最上級のホテルに宿泊可能です。

 

リワードプログラムって何?

SPGアメックスの特典を理解する上で「リワードプログラム」を知っておく必要があります。

リワードプログラムとは各ホテルグループごとの会員サービスのことです。

マリオットは「マリオットリワード」、スターウッドは「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」、ザ・リッツ・カールトンは「ザ・リッツ・カールトン・リワード」というリワードプログラムがあります。(SPGアメックスの「SPG」はスターウッドのリワードプログラム名に由来しています)

いずれも各公式サイトから“無料”で登録できます。(宿泊実績がなくても登録可能です)

リワードプログラムに加入すると宿泊の際の支払い額に応じてポイントをもらうことができます。

マリオット:宿泊・レストランの支払い1米ドルにつき10ポイント

SPG:宿泊の支払い1米ドルにつき2スターポイント

ザ・リッツ・カールトン:宿泊代の支払い1米ドルにつき10ポイント

貯まったポイントを利用してホテルに無料で宿泊することが可能です。

このポイントによる宿泊に、利用対象外の日(いわゆるブラックアウト)がなく、また部屋数にも制限がないため、部屋が空いている限りポイントでの宿泊が可能です。

ここがマイレージと違う素晴らしい点です。

リワードプログラムは単に会員IDを発行して宿泊に応じたポイントを与えるだけではなく、毎年会員毎にランクを決定し、そのランクに応じて特典の内容が変わります。

日本でも航空会社、銀行、ECサイト、飲食店など「年間〇円買ってくれたら次年度こんな特典がありますよ」といった会員サービスが増えてきてますが、それと同じです。

例えばマリオットリワードであれば、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」というランクがあり、ゴールドになると部屋をアップグレードしてもらいやすくなったり、宿泊するともらえるポイントが25%増しになったり、レイトチェックアウトが保証されたり、マリオットホテルのクラブラウンジが利用可能になったり、朝食無料などの特典が付きます。(詳しくは後述)

 

特典③:無条件でゴールド会員になれる

自動的にゴールド会員昇格

ANAのプラチナ会員、ダイヤモンド会員あるいはスターフライヤーズなど、航空会社には上級会員制度があるのはご存知の方も多いかと思います。

スーパーフライヤーズカードのすべて ~カード比較・年会費・特典・家族会員・審査~

2018.04.09

上級会員になると、優先搭乗ができたり、ラウンジを利用できたり、到着後手荷物を真っ先に受け取れたりします。

同じようなランク制度がホテルの世界にもあり、スターウッド、マリオット、ザ・リッツ・カールトンも例外ではありません。

例えば、ゴールド会員になるためにはマリオットは年間50泊、SPG(スターウッドの会員プログラムの名称)は年間10滞在 or 25泊、ザ・リッツ・カールトンは年間50泊が必要です。

航空会社の上級会員になるよりも遥かにハードルが高く、限られたほんの一部の人しか手に入れられないステータスと言えます。

しかし!

SPGアメックスを持っていると、マリオット、スターウッド、ザ・リッツ・カールトンのいずれのゴールド会員にもなることができます。

クレジットカードを発行するだけでゴールド会員です。

ゴールド会員になる条件は「SPGアメックスを保有していること」だけですので、これらのホテルで1泊もしたことがなくてもOK、そしてカードの年会費以外のお金もかかりません。

ゴールド会員になると受けられる特典は、SPG、マリオット、ザ・リッツ・カールトンで少しずつ異なりますが、概ねこのようなものです。

ゴールド会員になることによる特典

  • 宿泊時のポイント還元率アップ
  • 部屋のアップグレード
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト保証
  • クラブラウンジの利用(マリオットのみ)
  • 朝食無料(マリオットのみ)
  • ウェルカムギフト(SPGのみ)

etc

前述の無料宿泊特典による宿泊でも、ポイントによる無料宿泊でもゴールド会員の特典を受けることができます。

各ホテルブランド毎のゴールド会員の特典を説明していきます。

 

マリオット:ゴールドエリートの特典

マリオットではゴールド会員のことを「ゴールドエリート」と呼びます。

SPG、ザ・リッツ・カールトンと比較してもマリオットのゴールドエリートの特典はずば抜けています。

特典 リワード会員 シルバーエリート ゴールドエリート プラチナエリート
特典除外日なし
ベストレート保証
客室無料インターネット
無料高速インターネット × ×
宿泊ボーナスポイント × 20% 25% 50%
ルームタイプの保証 × ×
48時間前予約 × × ×
無料の客室アップグレード × ×
アライバルギフト × × ×
レイトチェックアウト保証 × ×
ラウンジの利用(同伴1名まで) × ×
朝食無料(同伴1名まで) × ×

※ベストレート保証とは、公式サイトで予約すれば他の宿泊予約サイトより料金が高い場合、最安料金からさらに25%OFFの料金で宿泊できる制度(ただし、キャンペーン料金や会員料金など対象外あり)

※レイトチェックアウト保証は最大16時まで(当日の状況により変動あり)

比較対象として他のランクの特典も入れてます。

シルバーは年間10泊、ゴールドは年間50泊、プラチナは年間75泊が条件です。

ゴールド会員で朝食無料、クラブラウンジの利用が可能となるのはマリオットだけです。

もちろんマリオットホテルだけでなく、すべてのマリオット系列のホテルで特典を受けられます。(一部例外を除いて)

しかもマリオットの場合は、公式サイト以外からの予約でもゴールド会員特典を受けられます。

つまり、公式サイト以外の宿泊予約サイトからの予約、ツアーパックでの予約などでも事前に(あるいは現地で)マリオットリワードのゴールド会員であることを伝えると特典を受けられます。

これはSPG、ザ・リッツ・カールトンではできないことです。

前述の通り、マリオットは非常に少ないスターポイントでポイント宿泊が可能な上、ゴールド会員特典で特別な待遇も受けられるようになります。

 

我が家でも昨年、富士マリオットホテル山中湖に宿泊した際にゴールド会員の恩恵を受けることができました。

宿泊予約は、会社の福利厚生として提供されている「ラフォーレ倶楽部」で予約しました。

予約したのは最も安いスーペリアツインの部屋(食事なし)です。

料金は、会員価格で大人ひとり 5,500円×2名分=11,000円 でした。(子供の添い寝は無料でした)

予約の際にマリオットのゴールドエリートである旨(と会員番号)を伝えたところ、以下のゴールドエリートの特典を受けることができました。

富士マリオットホテル山中湖で受けたゴールドエリート特典

  • 温泉付きプレミアムルームへのアップグレード
  • カクテルタイムのアルコール、おつまみ無料
  • 朝食無料
  • レイトチェックアウト(薦めて頂いたのですが予定が合わず辞退)

プレミアムルームは通常宿泊料金64,000円(大人2名・朝食付き)、それ以上の内容です。

人目を気にすることなく、部屋でゆっくり温泉に浸かれましたし、

ブッフェ形式の食事もメニューも多く、大変美味しく頂きました。

残念ながら、富士マリオットホテル山中湖にはクラブラウンジは無く、代わりにレストランの一角でアルコールやおつまみを頂けるようになってました。

利用当日は宿泊者が少なかったようでほぼ貸し切り状態、子供も連れて利用させて頂いたところ、スタッフの方から特別にアイスクリームもご提供頂き、子供も大喜びでした。

クアラルンプールのJWマリオットに宿泊した際はクラブラウンジを利用することができました。

クラブラウンジはアフタヌーンティー、軽めの夕食、夜のアルコール、朝食を楽しめる、限られたメンバーしか利用できないエリアです。

飲み物、おつまみ、食事などすべてフリーです。

クアラルンプールのJWマリオットはカテゴリー5と他国のマリオットホテルと比べて低いランクですが、それでも満足できる内容でした。

フィットネス、ヘルスクラブも利用可能でした。

スターポイントを使うのも、ゴールド会員のメリットを受けるのも、マリオットが断然オススメです。

※部屋のアップグレードについてマリオットの場合はゴールド、プラチナ共に「最善の対応を心がけていますが、チェックイン時の空室状況により、アップグレードのご希望に添いかねる場合もあります。アップグレードは、会員ご本人様のお部屋に限り、各ホテルの空室状況に基いて対応させていただきます。」となっています。

余談ですが、マリオット公式サイトから有償の宿泊予約をする場合はこちら↓の方法を使うとお得です。

【2018年 新ソラチカルートに対応】年間20万マイル以上!ANAマイル最強の貯め方とは?

2018.04.05

 

SPG:ゴールドプリファードゲストの特典

SPGのゴールド会員は「ゴールドプリファードゲスト」と呼ばれます。

ゴールドプリファードゲストは年間10滞在 or 25泊、プラチナは年間25滞在 or 50泊が条件です。

特典 プリファード プリファード
ゲストプラス
ゴールド プラチナ
特典除外日なし
ベストレート保証
客室無料インターネット
客室にボトル入りウォーター設置
宿泊ポイント(1米ドルにつき) 2pt 2pt 3pt 3 or 4pt
部屋確保の可能性 × × ×
より良い部屋へのアップグレード × ×
空き部屋で最も良い部屋へのアップグレード × × ×
客室高速インターネット × × ネット

or

250pt

or

ギフト

ウェルカムギフト(ポイントorギフト) × × 500pt

or

ギフト

or

朝食

ギフトまたはコンチネンタルブレックファスト × × ×
レイトチェックアウト ×
クラブラウンジやヘルスクラブの利用 × × ×
朝食無料(同伴1名まで) × × × ×

※ベストレート保証とは、公式サイトで予約すれば他の宿泊予約サイトより料金が高い場合、最安料金からさらに20%OFFの料金で宿泊または2,000スターポイントもらえる制度(ただし、キャンペーン料金や会員料金など対象外あり)

※レイトチェックアウトは最大16時(ただしリゾート、コンファレンスセンターでは混み具合によって不可)

※プリファードゲストプラスは契約企業向けの会員ステータスで、日本ですとJAF会員はこのステータスを獲得することができます。

 

SPGゴールドとマリオットゴールドで決定的に違うのは、クラブラウンジやヘルスクラブの利用と朝食無料です。

SPGではプラチナ会員でないとこれらの特典を受けられないため、SPGアメックスを持つだけでは足りません。

前述の通りマリオットの買収によってSPGゴールド会員がマリオットゴールド会員になれるようになったのですが、同じゴールドでも価値が高いマリオットのゴールドにステータスマッチできるというのは本当にすごいことだと思いますし、マリオットの英断に感謝しなければいけないですね。

既に今後マリオットとスターウッドのリワードプログラムが統合されることが発表されていますので、その時にこの関係がどうなるのか注目でもありますし、改悪される心配もあります。(むしろ今が超ボーナスタイムなので改悪は避けられないというのが大方の見方です)

話しを特典に戻しましょう。

マリオットはアップグレードに関する詳細な言及はありませんが、SPGははっきりしていて、ゴールドは「お部屋のアップグレード(コーナームール、より高いフロアー、またはより良い眺めなど)」。プラチナは「スタンダードスイートを含む空きのあるお部屋の中で最も良いお部屋へのアップグレード」となっています。

 

ザ・リッツ・カールトン ゴールドエリートの特典

ザ・リッツ・カールトンではシルバーが年間10泊、ゴールドは年間50泊、プラチナは年間75泊が条件になっています。

特典 シルバー ゴールド プラチナム
48時間お部屋の確保 × ×
プラチナアライバルギフトとして1,000ボーナスポイント/500マイル × ×
無料のお部屋アップグレード ×
無料の室内ハイスピードインターネットアクセス ×
ベースポイントに対するボーナス 20% 25% 50%
特別なオファーのご案内
エリートのみのご利用リワード
エリート会員予約用パーソナルフリーダイヤル
ゲーストサービス専用電話
プライオリティレイトチェックアウト

 

ステータスマッチとは?

マリオット、スターウッド、ザ・リッツ・カールトンのすべてでゴールド会員になれる理由を説明します。

まず、SPGアメックスに入会することにより、自動的にSPGゴールド会員になれます。(これは過去ずっと続いている特典)

スターウッドがマリオットに買収されたことによって、2016年から「ステータスマッチ」によってそれぞれのリワードプログラムの会員ステータスを合わせることができるようになりました。

「SPGのゴールド会員はマリオットのゴールド会員として認めますよ~」

ということですね。

買収前はスターウッド系列に宿泊する時だけゴールド会員だったのが、マリオット、ザ・リッツ・カールトンでもゴールド会員になれるのですから「ステータスマッチ最高!」の一言に尽きます。

ただし、このSPGからのステータスマッチは厳密にはマリオットまたはザ・リッツ・カールトンいずれかひとつにしか行えません。

ですので同時に3つのゴールドを手にすることはできないのですが、マリオットゴールドエリートの人がザ・リッツ・カールトンに宿泊する時はザ・リッツ・カールトンのゴールドと同じ待遇を受けられますし、逆もしかりというルールになっているため、実質的に3つのゴールドを持っていることと同じと言えるということになります。

マリオットとザ・リッツ・カールトン、どちらのゴールドエリートになるかは完全に好みで決めてしまって問題ありません。(より多く利用する方にするのがベターです)

ステータスマッチの方法は非常に簡単で、SPGからマリオットへのステータスマッチであればSPGのサイトにいって、下記のリンクをクリックするだけです。

また、一度ステータスマッチした後に変更したい場合は、リワードのサービスデスクに電話することで変更することも可能です。

 

 

特典④:貯めたポイントはマイルにも交換可能

数多くの航空会社のマイルに高レートで交換できる

スターポイントは航空会社のマイルにも交換できます。

しかもその提携数は本家アメリカンエキスプレスのカードよりも多く、非常に使い勝手が良いです。

航空会社名 マイレージプログラム名 交換比率
エーゲ航空 Miles+Bonus 1:1
アエロメヒコ航空 club premier 1:1
エア・カナダ Aeroplan 1:1
中国国際航空 Companion 1:1
ニュージーランド航空 Airpoints 65:1
アラスカ航空 Mileage Plan 1:1
アリタリア航空 MilleMiglia 1:1
ANA マイレージクラブ 1:1
アメリカン航空 AAdvantage 1:1
キャセイパシフィック航空 Asia Miles 1:1
ブリティッシュ・エアウェイズ Executive Club 1:1
中国東方航空 Eastern Miles 1:1
エミレーツ航空 Skywards 1:1
エティハド航空 Ethihad Guest 1:1
エールフランス、KLMオランダ航空 Flying Blue 1:1
ゴル航空 Smiles 2:1
海南航空 Fortune Wings Club 1:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles 1:1
イベリア航空 Iberia Plus 1:1
日本航空(JAL) マイレージバンク 1:1
ジェットエアウェイズ JetPrivilege 1:1
大韓航空 SKYPASS 1:1
LATAM航空グループ LATAM Pass 1:1.5
アビアンカ航空 LifeMiles 1:1
ルフトハンザ航空 Miles and More 1:1
カタール航空 Privilege Club 1:1
サウディア Alfursan 1:1
シンガポール航空 KrisFlyer 1:1
タイ国際航空 Royal Orchid Plus 1:1
エア・ベルリン Topbonus loyalty 1:1
ユナイテッド航空 Mileage Plus 2:1
ヴァージン・オーストラリア Velocity Frequent Flyer 1:1
ヴァージン・アトランティック航空 Flying Club 1:1

ほとんどの航空会社で、1スターポイントを1マイルに交換することが可能です。

さらに、一度に20,000スターポイントを交換すると、5,000スターポイントのボーナスをもらえます。

つまり、1スターポイント=1.25マイルに交換可能です。

ユナイテッド航空に関しては2:1と半減してしまいますが、スターポイントを一度マリオットポイントに移行してから、ユナイテッドのマイルに交換すると、1:1.34まで(37,400スターポイント交換時)レートを上げることができます。

SPGアメックスの決済100円毎に1スターポイント貯まりますので、マイル還元率1.25%(ユナイテッドなら1.34%)ということになります。

マイル還元率だけを考えればANAカードやJALカードと大して変わらない、あるいはそれらよりも低いのですが、SPGアメックスをマイレージのカードとして使う場合のメリットは、

  • 多様な航空会社のマイルに交換できる(マイル利用時に航空会社を決められる)
  • クレジットカードで貯めにくい航空会社のマイルを貯めることができる
  • 実質有効期限なしなので、使いたい時にマイルに交換すれば良い&ファーストクラスも狙える

という点にあり、特にマイルを貯めにくい海外の航空会社を使いたい人、状況に応じて航空会社を変えたい人に最適なカードと言えます。

海外の航空会社のマイルを使うのは心理的なハードルが高いかもしれませんが、WEBサイトが日本語に対応している会社であれば、意外と簡単に特典航空券の予約が可能です。

 

ブリティッシュ・エアウェイズはJALより40%お得

例えば、イギリスのフラグシップキャリア、ブリティッシュエアウェイズ(BA)のAVIOS(マイルと同意)は、同じワンワールドのJALの特典航空券の予約が可能です。

BAのAVIOSを使ってJAL国内線の特典航空券を予約した場合、飛行距離が1~650マイル内なら片道4,500AVIOSと非常にお得です。

650マイル以内がわかりづらいと思いますので路線別のマイル数を一覧にまとめてみました。

新千歳 羽田 名古屋 伊丹 福岡 那覇
新千歳  – 510 614 666 882 1,397
羽田 510 193 280 567 984
名古屋 614 193 374 809
伊丹 666 280 287 739
福岡 882 567 374 287 537
那覇 1,397 984 809 739 537

650マイル以内で飛べる路線は、羽田=新千歳、羽田=福岡、名古屋=新千歳、福岡=那覇などです。

同区間をJALの国内線特典航空券で予約する場合に必要なマイル数は7,500マイルですから、40%もお得に予約できることになります。

 

シンガポール航空のスイートクラスにも乗れる

他の例では、最新機材を多く保有するシンガポール航空のマイルも魅力的です。

シンガポール航空は、B777-300ER、A350、A380などの新しい機材、豪華な機材のビジネスクラス、ファーストクラスは基本的に自社のマイレージプログラム「クリスフライヤー」でないと予約できないルールになっています。(稀にANAマイルなどにも開放されることもあります)

特にA380-800のスイートクラスは、シートがダブルベッドになる超豪華仕様です。

人生に一度は体験してみたいですよね。

シンガポール航空は特典航空券に必要なマイル数がやや高いものの、予約が取り易い会社(Idea Worksによる調査)ですし、自社便なら燃油サーチャージもかかりません。

日本で発行されるクリスフライヤーのマイルを貯められるカードは、100円の買い物で1マイルが貯まりますが、有効期限が3年です。

SPGアメックスなら100円で1.25マイル、しかもスターポイントの有効期限はありませんので、じっくりスイートクラスを目指すことが可能です。

 

特典⑤:紹介プログラムで入会すると12,000スターポイント貰える

SPGアメックスは年会費が33,480円と非常に高額ですが、知人の紹介で入会すると12,000スターポイントを貰えます。

アメックス紹介プログラム(公式サイト)

発行後30万円ほどカードを利用するだけで15,000ポイント貯まりますので、マリオットなら最上級のカテゴリー9にも泊まれますし、東南アジアのマリオットホテルなら2泊も可能です。

BAマイルに交換すれば、JAL国内線で2往復できます。

つまり、あっさり年会費の元が取れてしまいます。

紹介プログラム適用の条件

入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上利用 

上記条件をクリアすれば、通常の入会ボーナスポイント10,000ポイントに2,000ポイント追加した12,000スターポイントを貰えます。

この紹介プログラムは、紹介した側にも10,000スターポイントが付与されます。

そして、家族同士の紹介も認められています。

例えば、

紹介された側 紹介した側
① あなたがSPGアメックスに入会 12,000pt
② あなたが配偶者を紹介して入会 12,000pt 10,000pt
合計 24,000pt 10,000pt

といった感じで、夫婦で合計34,000スターポイントを獲得することができます。(年会費は66,960円)

紹介人数に上限はありませんので、紹介すればするほどポイントが貯まります。

というわけで、SPGアメックスに入会するなら絶対に知人の紹介で入会するのがお得です。

ただ、ご自分の周りにSPGアメックスを持っていない方もいらっしゃるかと思います。

そんな方には、私から紹介をさせて頂くことも可能です。

こちら↓のリンクから私宛にリクエストをお送り下さい。

折り返し私から招待メールをお送り致します。

カードの審査に通過し、入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上利用すると12,000スターポイントが付与されます。

紹介させて頂いた方には、入会から利用まで不明な点があればいつでもサポートさせて頂きます。

※SPGアメックスへの申し込み時にSPGの会員番号が必要なため、先にSPGの無料会員登録を済ませる必要があります。SPG登録後にSPGアメックスのカード申し込み下さい。

 

特典⑥:SPGホテル利用でお得

ホテル利用時のポイント付与

SPGホテルの宿泊料金を支払う際にSPGアメックスで決済した場合、通常100円につき1スターポイントをもらえます。

さらにゴールド会員特典で1米ドルあたり3スターポイントをもらえます。(こちらはSPGアメックス以外で支払った場合でも付与されます)

2018年12月31日まではキャンペーン期間で、100円毎にさらに1スターポイントをもらえます。

全部で「100円毎に2スターポイント+1米ドル毎に3スターポイント」を獲得できます。

対象は、SPGホテルの宿泊料金、直営レストラン、オンラインショップです。(ただし旅行代理店など第三者を通じて支払う場合は対象外です)

スターポイントは無料宿泊に使えば、1ポイント当たり3円以上の価値がありますので、かなり大きなポイントバックと言えます。

 

さらに、日本国内にあるSPG参加ホテルの直営レストランならびにバーの飲食代金を15%オフで利用可能です。(アルコール飲料は対象外、こちらはキャンペーンではなくいつでも)

 

ボーナスポイント付与のキャンペーン

スターウッドやマリオットのホテルは宿泊料金が高いイメージがあるかもしれません。

事実、一般的なビジネスホテルや国内のシティホテルに比べると高いのですが、上記の支払い時のポイント付与だったり、それとは別に複数回の宿泊でボーナスポイントをもらえるキャンペーンが開催されたりと、ポイントバックには寛容ですので、それらをうまく利用することでかなりコストを抑えることが可能です。

こちらは2017年9月12日~2018年1月15日に開催されていたキャンペーンで、SPGホテルに1滞在する毎に1,000ポイントもらえるキャンペーンでした。(一部、フォーポイント、アロフト、エレメントの滞在の場合は500ポイント)

 

公式サイトでの予約はベストレート保証

また、公式サイトからの宿泊予約は、ベストレート保証といって他のサイトよりも安い料金が保証されています。

具体的には、SPG公式サイトで部屋を予約してから24時間以内に、他のサイトで同一部屋・同一条件でさらに安価な価格を見つけた場合、次のふたつの選択肢から、いずれかを選ぶことができます。

  • 他サイトの金額から20%の割引
  • 他サイトと同額のまま、2,000スターポイントを獲得

マリオットのベストレート保証は、

  • 他サイトの金額から25%割引

となっています。

ちなみにマリオットホテルを公式サイトで予約する場合はこちら↓の方法で予約するとさらに3%ほどお得になります。

【2018年 新ソラチカルートに対応】年間20万マイル以上!ANAマイル最強の貯め方とは?

2018.04.05

 

特典⑦:海外旅行保険や緊急サポートなど充実のアメックス特典

SPGアメックスにはアメリカンエキスプレスが付帯する特典も付いています。

基本的にアメックスゴールドカードと同等の内容になっており、保険や補償、緊急時のサポートなど他社の同等クラスのカードに比べて遥かに充実しており、このメリットだけでも持つ価値があるほどです。

旅行傷害保険

特に家族特約がかなり充実しています。

<海外旅行傷害保険>

旅行代金をカードで決済した場合(利用付帯)

本会員 家族会員 家族特約 備考
死亡・後遺障害 1億円 5,000万円 1,000万円 キャッシュレス対応
傷害治療費用 300万円 300万円 200万円
疾病治療費用 300万円 300万円 200万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円 4,000万円
携行品損害 50万円 50万円 50万円
救援者費用 400万円 400万円 300万円

旅行代金をカードで決済しない場合(自動付帯)

本会員 家族会員 家族特約 備考
死亡・後遺障害 5,000万円 補償なし 1,000万円 キャッシュレス対応
傷害治療費用 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 300万円 300万円

 

<国内旅行傷害保険>

旅行代金をカードで決済した場合(利用付帯)

本会員 家族会員 家族特約 備考
死亡・後遺障害 5,000万円 同左 5,000万円

 

<海外航空便遅延保険>

本会員 家族会員 家族特約 備考
乗継遅延費用 2万円 対象外 対象外 自動付帯
出航遅延・欠航・搭乗不能 2万円
手荷物遅延費用 2万円
手荷物紛失費用 4万円

 

オーバーシーズアシスト

オーバーシーズアシストは、海外旅行時のレストランの予約から緊急時の相談まで、電話で対応してもらえるサービスです。

世界中のほとんどの国から24時間通話料無料またはコレクトコールで通話可能です。

カード会員に同行する家族にも適用されます。

オーバーシーズアシストには、アメリカンエキスプレスが提供する「グローバル・ホットライン」というサービスが含まれます。

グローバルホットラインの主なサービス

  • 航空券の予約、発券の手配、予約の再確認、変更
  • ホテルなど宿泊施設の紹介、予約、取消
  • レンタカー/リムジン・サービスの案内、予約、取消
  • ローカル・ツアーの案内、予約、取消
  • レストランの案内、予約、取消
  • ゴルフ・コースの案内、予約、取消
  • 主要都市でのミュージカル等のチケットの案内
  • カード紛失・盗難の処理、再発行の手続き
  • パスポート、所持品の紛失・盗難時のサポート
  • 電話による簡単な通訳サービス(ビジネス等の場合は対象外)
  • 医師、歯科医、病院、弁護士の紹介
  • カードに付帯される海外旅行傷害保険の保険金請求のお手伝い

グローバルホットラインは基本的にはレストランなどの予約と情報提供で、アメックスの一般カードであるアメックス・グリーンカードにも付帯されています。

オーバーシーズアシストはこれに「メディカルサービス」と「リーガルアシスタントサービス」が加わったものになり、アメックスゴールドカード以上のカードに付帯されるサービスです。

メディカルサービス

  • 24時間電話医療相談、病院紹介
  • 病院の予約・入院手配
  • 電話での日本語アシスト
  • 医療機関への信用保証
  • 上限5,000USドル立替え資金援助
  • 家族への緊急連絡
  • 緊急移送、治療経過管理、帰国手配
リーガルアシスタントサービス

  • 緊急時の弁護士紹介
  • 1件あたり上限1,000米ドルの弁護士費用立て替え
  • 1件あたり上限1,000米ドルまで保釈金立て替え
  • 日本語通訳派遣アレンジメント

メディカルサービスは、病気やケガになった時に病院の紹介だけでなく、予約や入院手配あるいは日本語アシストなどのサポートをしてくれます。

リーアルアシスタントでは、弁護士の照会や費用の立て替え、通訳派遣アレンジメントなどをやってもらえます。

海外旅行の際の強い味方です。

 

空港ラウンジ

SPGアメックスを持っていれば、国内28空港と海外2空港のラウンジを利用可能です。

国内はほぼすべての主要空港で利用可能、海外はダニエルKイノウエ空港(旧ホノルル空港)と仁川空港で利用可能です。(利用可能ラウンジ一覧

会員本人と同伴者1名まで無料で利用できます。(多くのゴールドカードは本人のみ無料)

また家族カードでも本人と同伴者1名まで無料で利用可能です。

空港ラウンジは、搭乗を待つ間、ドリンクを飲んだり、パソコン作業をしたり、飛行機を眺めたりしながら寛げるスペースです。

新聞や雑誌もありますし、電源やWi-Fi、ところによってはシャワールーム(有料)もあります。

ドリンクは基本ソフトドリンクですが、稀にアルコールが提供されているラウンジ、ちょっとしたお菓子や朝食のパンが提供されるラウンジもあります。

例えば、羽田空港 国内線ターミナルのPOWER LOUNGEは解放感のあるスペースに、質の高いコーヒーマシンやジュース類、朝食にはクロワッサンが提供されます。(すべて無料)

SFC修行⑯ ~羽田空港のPOWER LOUNGEを利用してみました~

2017.12.04

また、中部国際空港のプレミアムラウンジでは、ビールやサワーなどのアルコールの他、しるこサンドやチョコレートなどのお菓子も提供されています。

SFC修行③ ~中部国際空港(セントレア) プレミアムラウンジ体験(ブログ)~

2017.06.23

羽田空港 国際線ターミナルのSKY LOUNGE ANNEX(スカイラウンジ アネックス)には有料のシャワールームがあります。

羽田空港国際線ラウンジ SKY LOUNGE / SKY LOUNGE ANNEX(シャワーあり)

2017.09.07

 

手荷物無料宅配サービス

海外旅行からの帰国時に、空港からご自宅まで、カード会員1名につきスーツケース1個を無料で配送できます。

対象空港は、成田空港、中部国際空港、関西国際空港です。

 

空港パーキング割引サービス

空港周辺の駐車場を割引料金で利用できます。

利用空港 駐車場名 割引内容
成田空港 サンパーキング 成田店
  • 通常駐車料金より40%オフ
  • 機械水洗い洗車が無料
羽田空港 サンパーキング羽田 浮島店
  • 通常駐車料金より40%オフ

※割引除外日あり

関西国際空港 安い関空駐車場
  • 通常駐車料金より20%オフ
VIPカーデリバリーサービス
  • 通常駐車料金より20%オフ
福岡空港 福岡空港サイドパーキング
  • 通常駐車料金より国際線ご利用の場合は200円オフ、国内線ご利用の場合は100円オフ

※割引除外日あり

 

空港無料ポーターサービス

出発時は空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで、帰国時は到着ロビーから空港の駅改札口やバス停まで、専任スタッフに荷物を運んでもらうことができます。

対象空港は、成田空港(第3ターミナル除く)、関西国際空港です。

 

京都特別観光ラウンジ

京都の高台寺にある圓徳院の「京都特別観光ラウンジ」を無料で利用できます。

  • 圓徳院書院・知客寮にてお茶のご接待
    (宇治茶、梅湯、昆布茶、香煎茶など日によって変わります)
  • 夏季期間中は、冷たい麦茶、冷やし飴をご用意しております。
  • 圓徳院の拝観無料
  • 高台寺・掌美術館の拝観割引
  • 高台寺駐車場1時間無料サービス
  • ご同伴者3名様までご利用いただけます。

 

リターン・プロテクション

SPGアメックスで購入した商品を購入店が返品に応じてくれない場合、アメックスが購入額を返金してくれるサービスです。

条件

  • 購入日から90日以内
  • 商品は未使用で損傷がないこと
  • 1商品最大3万円
  • 年間最大15万円

これは他社では見たことのないものすごい太っ腹なサービスです。

 

キャンセル・プロテクション

急な出張や病気やケガで旅行やコンサートなどに行けなくなった時にキャンセル費用などの補償をアメックスがしてくれるサービスです。

補償対象サービス(SPGアメックスで購入することが条件)

  • 国内旅行契約、海外旅行契約に基づくサービス
  • 旅館、ホテルなどの宿泊施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 航空機、船舶、鉄道、自動車などによる旅客の輸送
  • 宴会、パーティー用に供する施設の提供およびそれに付帯するサービス
  • 運動、教養などの趣味の指導、教授または施設の提供
  • 演劇、音楽、美術、映画などの公演、上映、展示、興行
補償限度額

  • カード会員本人、配偶者または1親等以内の親族の死亡・傷害または疾病による入院に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)
  • カード会員本人、配偶者または子どもの傷害による通院に基づくキャンセルの場合:3万円(年間最高)
  • カード会員本人の社命出張に基づくキャンセルの場合:10万円(年間最高)

 

ショッピング・プロテクション

SPGアメックスで購入した商品の破損・盗難などの損害をご購入日から90日間、年間最高500万円まで補償してくれます。

免責金額は1万円です。

補償額は他社のプラチナカード以上という驚きの額です。

 

デメリット

最後にSPGアメックスのデメリットを挙げてみたいと思います。

 

高額な年会費

SPGアメックスの年会費は33,480円と非常に高額です。

無料宿泊特典やゴールド会員付与、決済ポイントによる宿泊をフル活用すれば、簡単に元が取れます。

しかし、無料宿泊特典をもらえるのは2年目の年会費支払い後からですので、初年度はありません。

また、普段からあまりホテルに宿泊されない方や、年間決済額が少ない方はあまり向かないかと思いますので、慎重に検討されることをオススメします。

 

家族が多いと使いづらい

無料宿泊特典やポイントによる宿泊はリゾートを除いて、ほとんどがダブルまたはツインの部屋が前提になります。

年齢制限はありますが、ほとんどのホテルで添い寝は可能ですので、子供が小さく、肩を寄せ合って寝られるようでしたら問題ありません。

またマリオットのゴールドエリート特典であるクラブラウンジの利用についても会員1名+同伴1名までOK、小さな子供であれば無料で入室も可能な場合もあります。

しかし、子供が中学生以上だったり、夫婦+子供2人またはそれ以上という家族は、SPGアメックス1枚では不十分かもしれません。

その場合は、SPGアメックスを夫婦で1枚ずつ(両方本会員として)保有すれば、同時に2部屋予約したり、マリオットのゴールド特典も家族4人分受けることが可能です。(クラブラウンジについてはゴールド会員でなくとも同伴者はお金さえ払えば利用可能なケースがほとんどです)

 

家族カードの特典が微妙

SPGアメックスにも他のクレジットカードと同様に家族カードが存在します。

年会費は16,740円と本会員の半額ですが、本会員には付帯される無料宿泊特典やゴールド会員がないため、実質あまり使い物になりません。

夫婦あるいは家族で特典を享受するためには夫婦それぞれで本会員になる必要があり、年会費は66,960円とかなり高額になってしまいます。

 

アメックスゴールドとの特典の違い

アメリカン・エキスプレスが発行するカードに「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」(通称:アメックスゴールドorアメ金)というカードがあります。

こちらはアメリカン・エキスプレスが単体で発行するカードで、年会費は31,320円とSPGアメックスよりも2,000円ほど安くなっています。

これとSPGアメックスを比べた時に、SPGアメックスにない特典があります。

SPGアメックスに無い主な特典

ゴールドダイニング by 招待日和・・・レストランのコース料理2名利用の際に1名分無料になるサービス

プライオリティパス・・・世界中の空港ラウンジを年2回まで無料で利用できる権利

手荷物無料宅配サービス(往復)・・・国際線利用時往復ともに無料(SPGアメックスは帰国時のみ)

細かくは他にも色々ありますが、大きくこんなところに違いがあります。

逆にアメックスゴールドには無くてSPGアメックスにあるのは無料宿泊特典だったりゴールド会員付与だったりします。

SPGアメックスに決める前に、アメックスゴールドを一度見て比較するのもありだと思います。

 

アメックスは海外決済手数料が高め

一般的に、海外でアメックスカードを利用した際、為替レートがVISA、MasterCardに比べて高いと言われています。

私の経験でも1%ぐらいは高く感じることが多いです。

SPGアメックスのポイント還元率は高いですが、海外での決済ではレートで損するため注意が必要です。

ちなみに海外決済のレートが最も低いのはMasterCardです。

海外に行く際は、海外キャッシングの手数料もゼロで、MasterCardを発行できるセディナJiyu!da!カードがオススメです。

海外キャッシングは本当にお得?レート比較・ATM手数料・繰り上げ返済方法など

2017.05.12

 

申し込み・審査・カード発行まで

最後に申し込み、審査とカード発行までの流れについて。

申し込みは前述の通り、既にSPGアメックスを持っている方からの紹介で入会するのがお得です。

こちら↓の方法でポイントGETすることもできますが、トータルのメリットは紹介の方が大きくなります。

【2018年 新ソラチカルートに対応】年間20万マイル以上!ANAマイル最強の貯め方とは?

2018.04.05

私から紹介させて頂くことも可能です。

カード申し込み時にSPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)の会員番号が必要なため、事前にSPG無料会員登録を済ませる必要があります。

アメックスは年会費が高く敷居が高いイメージがあるので、審査も厳しいイメージがあるかもしれません。

しかし、20歳以上でいわゆる信用情報に傷がなければ、年収はほとんど問わず発行可能です。

主婦の方でも発行可能ですので、審査に関してはほとんど心配はいらないと思います。

申し込み後、カード発行までは短ければ1週間程度ですが、発行の状況により1ヶ月近くかかる場合もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。