マリオットリワードとSPGが8月に統合!SPGアメックスへの影響まとめ

もう一か月も前のことになってしまいますが、4/17に「マリオットリワード」「ザ・リッツ・カールトンリワード」「スターウッド・プリファード・ゲスト(SPG)」の3つのプログラムが統合されることが発表されました。

プログラムの統合は今年2018年8月1日に実施し、新しい名称は2019年に発表されます。

2016年にマリオットがスターウッドを買収し、2018年までにプログラムの統合を行うことが発表されていましたので、当初のスケジュール通り実施されることになったわけです。

マリオット・インターナショナルのスターウッド買収によってSPGアメックスホルダーには多くの恩恵がありました。(SPGアメックスの正式名称は「スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード」)

買収後に増えたメリット≫

ステータスマッチによるマリオットゴールドエリート資格の取得・・・マリオットホテルでの朝食無料、クラブラウンジ利用などの特典

スターポイントとマリオットポイントとの相互交換・・・1:3でのポイント交換

マリオットポイントでのマリオットorザ・リッツ・カールトンの無料宿泊・・・スターポイント換算で低ポイントで宿泊可能

SPGアメックスの数多くの特典について詳しくはこちら↓にまとめています。

SPGアメックスの無料宿泊&7大特典とメリット・デメリットを解説します

2018.04.13

これらの対応はプログラム統合までの時限措置という形でしたので、今回発表された内容が買収後のプログラムの本格スタートとなります。

というわけで、統合後のプログラムの内容とSPGアメックスへの影響についてまとめてみました。

 

 

プログラム統合の概要

今回のマリオットリワード、ザ・リッツ・カールトンリワード、SPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)の3つのプログラム統合の概要は次の通りです。

プログラム統合の主な内容

  • 3つに分かれていたアカウント・プロフィールが1つにまとめらる
  • 新プログラムの開始は2018年8月1日
  • 共通のアカウントで世界中のマリオット、スターウッド、ザ・リッツ・カールトンのホテル予約が可能に
  • ポイントや宿泊実績も統合される
  • エリート会員資格と特典も共通になる

世界127の国と地域、29のブランドの6,500を超えるホテルで共通のポイントプログラムとエリート会員特典を受けられるようになります。

 

リワードポイントの統合

ポイントの獲得

これまでは、3つの独立したロイヤリティプログラムがありましたので、ウェスティンならスターポイント、マリオットホテルならマリオットポイントと泊まるホテルによって別々のポイントが貯まっていました。

統合後はプログラムがひとつになりますので、マリオット、ザ・リッツ・カールトン、スターウッドのどのホテルに泊まっても同じポイントが貯まります。

すべてのブランドで客室料金のほか、部屋付けにできるスパやレストランなどの付随費用に対してもポイントを獲得できるようになります。

基本は、利用金額1米ドルごとに10ポイントを獲得、一部ホテルでは1米ドルごとに5ポイントになります。

エリート会員は獲得ポイントがアップします。(後述)

現在、複数のプログラムでアカウントを持っている場合、スターポイントは残高の3倍、マリオットとザ・リッツ・カールトンは残高そのままのポイントが合算されます。

 

ポイントによる無料宿泊

ポイントによる無料宿泊のチャートも共通化されます。

カテゴリ スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

新しいチャートでは、29のすべての参加ブランドの6,500軒を超えるホテルが無料宿泊の対象となり、特典除外日もありません。

全ホテル上記のカテゴリ1~8のいずれかに再設定され、多くのホテルで必要ポイント数に変更があります。

2018年8月~2019年初旬までは全ホテルカテゴリー1~7の「スタンダード」が適用されます。

2019年初旬以降はカテゴリー8が追加され、さらにピーク、スタンダード、オフピークという時期による必要ポイント数が異なる制度が導入されます。

既に2018年8月からのカテゴリーが一部ホテルで発表済みです。

2018年8月以降のカテゴリー一覧

また次の発表もありました。

  • キャッシュ+ポイントで現金とポイントを組み合わせると、さらに活用範囲が広がります。
  • 4泊分のポイントで5泊滞在  ポイント交換で5泊分予約すると1泊が無料になります。
  • スイートへのアップグレード スイートや眺めのいいお部屋にポイントを使ってアップグレードできます。

 

航空会社マイルへの交換

航空会社のマイルへの交換も引き続き可能です。

ヴァージンオーストラリア、エーゲ航空、ニュージーランド航空などが新たに加わり、40社を超える航空会社のエアマイルにポイントを変換することが可能になります。

現在移行可能な航空会社は34ですのでかなり増えることになりそうです。

新しいポイント交換レートは3ポイント=1マイル。

これまでは1スターポイント=1マイルでしたが、1スターポイント=3新ポイントですので実質的な変更はありません。

また、60,000ポイントごとに15,000ボーナスポイントが追加で提供され、合計25,000マイルに交換できます。

SPGアメックスならポイント有効期限は実質無期限ですので、大量のマイルを貯めたい方には非常に使い勝手の良いポイントプラグラムです。

 

ここまでのまとめ

ポイントが共通化され、貯めやすく、使いやすいプログラムになります。

特に宿泊時の付与ポイントについてはSPGよりも貯めやすくなったのはGOOD POINTです。

ポイントでの無料宿泊のチャートが変更になった点については各ホテルのカテゴリー次第ですが、それほど悪いことにはならなさそうです。

懸念されていたマイレージへの移行プログラムも残され、しかもレートもこれまで同様ですので、マイラーにとっては引き続き有用なポイントとして使われそうです。

 

 

エリート会員の資格と特典

エリート会員のレベルや資格取得条件も変更になります。

エリート会員資格

エリート会員資格取得条件

  • 会員:0~9泊/年
  • シルバーエリート:10~24泊/年
  • ゴールドエリート:25~49泊/年
  • プラチナエリート:50~74泊/年
  • プラチナプレミアエリート:75~99泊/年
  • プラチナプレミアエリート:100泊以上/年

上記5つのエリート会員レベルが設定されました。

これまでSPGでは宿泊日数と別に滞在数のカウントでのエリート会員付与のルールがありましたが、統合により宿泊日数のみになりました。

※暫定措置として、2019年に限りSPGについては2018年に25滞在でプラチナエリートになれます

毎年1/1~12/31の宿泊日数に応じて翌年の会員レベルが決まります。

もちろんマリオット、ザ・リッツ・カールトン、スターウッドのいずれのホテルの宿泊でも実績が貯まります。

 

2018年8月に現行の会員レベルまたは2018年1月以降の宿泊実績に応じ、新しいエリート会員レベルに移行されます。

移行先はこちらの通り。

現在のリワード会員レベル 現在のSPG会員レベル 8月からのエリート会員レベル
10~24泊達成のシルバーエリート 10~24泊達成のプリファードゲスト シルバーエリート
コーポレートプリファードゲスト
プリファードゲストプラス
25~49泊達成のシルバーエリート ゴールドプリファードゲスト ゴールドエリート
ゴールドエリート プラチナプリファードゲスト プラチナエリート
50泊達成のプラチナプリファードゲスト
プラチナエリート 75泊達成のプラチナプリファードゲスト プラチナプレミアエリート
100泊+対象となるご利用金額20,000米ドルのプラチナエリート 100泊達成のプラチナプリファードゲスト プラチナプレミアエリート アンバサダー

SPGゴールド会員は新ゴールドエリート会員に、マリオットゴールドエリート会員は新プラチナエリート会員になります。

 

エリート会員特典

エリート会員の主な特典はこちらの通りです。(あくまで特典の一部です)

新しい会員レベル ポイントボーナス レイトチェックアウト ラウンジアクセス 朝食無料 アップグレード
シルバーエリート 10%
ゴールドエリート 25% 〇 14時まで
プラチナエリート 50% 〇 16時まで 〇 スイート含む
プラチナプレミアエリート 75% 〇 16時まで 〇 スイート含む
プラチナプレミアエリート
アンバサダー
75% 〇 16時まで 〇 スイート含む

ゴールドエリート会員はレイトチェックアウト最大14時まで、部屋のアップグレードはより良い部屋、ラウンジアクセスと朝食無料特典はありません。

プラチナエリート会員以上でレイトチェックアウト最大16時まで、スイートを含む部屋のアップグレード、ラウンジアクセスと朝食無料特典が付きます。

宿泊料金に応じたポイントについては、旧SPGゴールド会員は1米ドル当たり3スターポイント(=現行9ポイント)だったのに対して、同格のゴールドエリート会員は1米ドル当たり12.5ポイントと大幅アップになります。

 

SPGアメックスへの影響

最後にSPGアメックスへの影響をまとめました。

統合後のメリット・デメリット

◎ カード更新時の無料宿泊特典・・・SPGに加えてマリオットリワード参加ホテルも選択可能に

〇 100円決済毎に3ポイント付与(これまでは1スターポイント付与)・・・実質変更無し

〇 決済でのマイル還元率は1.25%・・・対象航空会社が増加 34→40超

〇 国内SPG参加ホテル直営レストランでの食事&ソフトドリンク15%OFFは維持

〇 オーバーシーズアシストや各種プロテクションなどのアメックス付帯特典も現行のまま

△ エリート会員資格用に5泊分の宿泊実績付与・・・これまでは2滞在5泊分だったので据え置き

× ゴールドエリート会員付帯(これまではSPGゴールド会員付帯)・・・ゴールド会員の特典が改悪&実質プラチナ級のマリオットゴールドへのステータスマッチ廃止

丸印の部分については既にアメックスから発表されていますので内容確定です。

問題は会員ステータスの扱いです。

2019年以降については、SPGアメックスに自動付帯する会員ステータスは「ゴールドエリート」で確定です。

つまり、これまでSPGアメックスで受けられていたこれらの特典がなくなります。

SPGアメックスで受けられなくなる特典

  • 最大16時のレイトチェックアウト(最大14時のレイトチェックアウトに)
  • マリオットホテルでのラウンジアクセス&朝食無料

どちらも非常に残念です。

また、2018年8月から2019年のステータス確定までの期間の扱いについては2つの意見があります。

  1. マリオットのゴールドエリート会員は新プラチナエリート、SPGのゴールドプリファードゲストは新ゴールドエリート、その中で一番上のレベルになるので新プラチナエリートになる
  2. マリオットのゴールドエリート会員はステータスマッチによって得られたステータスなので無効、SPGゴールドがイキになって新ゴールドエリートになる

公式サイトには

Note, the chart below does not apply to SPG Gold and SPG Platinum members who received Rewards Elite status due to linking and status matching.

同じく別のページにはこう書かれています。

Existing Elite members will continue to be Elite and will achieve a new, but similar, tier level in August. Elite tier will be based on the status earned, not status granted via linking and status matching. See chart below for August status

いずれもステータスマッチによって得たマリオットのエリートステータスは無効という内容が書かれています。

一部ネットではコールセンターに聞いたら「新プラチナエリート」との回答だったとの声もあり、どちらが本当かは今時点ではなんとも言えません。(どちらかというと新ゴールドエリートの可能性が高いと思います)

もし新プラチナエリートになれば、マリオットでもスターウッドでも朝食無料&ラウンジアクセス、しかも本来カテゴリー8になるはずの最上級ホテルにカテゴリー7のポイントで無料宿泊も可能という超絶ボーナスタイムに突入します。

期待はしていないですが、行く末を注視していきたいと思います。

 

 

まとめ

プログラム統合の主な内容

  • 2018年8月1日からアカウント・プロフィールが1つにまとめられ、便利になる
  • ポイント、宿泊実績、会員ステータスなども一本化
  • SPGアメックスの決済によるポイント還元率は3%(1ポイント=1円の場合)
  • マイルにする場合のマイル還元率は1.25%と現状維持
  • カード継続時の無料宿泊特典はマリオットも対象に
  • ゴールドエリート会員特典は改悪(レイトチェックアウト最大14時、マリオットのラウンジ・無料朝食は無し)

正直ユーザーとしては非常に残念な部分もありますが、今までがボーナスタイムだったと思えば致し方ないことかと思います。

私はSPGアメックスを発行したのが昨年の5月でしたので、まだ発表されていない点の様子見も含めてとりあえず1年更新することにしました。

こちら↓の記事にも書きました通り、カード更新での無料宿泊だけでも年会費は回収できますし、

SPGアメックスの無料宿泊&7大特典とメリット・デメリットを解説します

2018.04.13

何よりもSPGアメックスのスゴイところは、マイルをこちら↓の方法で貯めて、SPGのカード決済のポイントでホテルに無料宿泊することで、格安で海外旅行に行けるところです。

【2018年 新ソラチカルートに対応】年間20万マイル以上!ANAマイル最強の貯め方とは?

2018.08.10

ポイントで4泊宿泊すると5泊目も無料で付いて来るので、リゾート滞在がとてもお得になります。

今後も情報のアップデートがあれば発信していきたいと思います。

 

SPGアメックスにご興味ある方

知人の紹介で入会すると12,000スターポイント(=36,000新ポイント)を貰えます。

36,000ポイントあれば8月以降の新カテゴリー5の部屋に無料で宿泊可能ですし、SPGアメックスで80万円の決済をすれば60,000ポイントに到達し、2018年内はすべてのリワード参加ホテル(つまり最上級グレードのホテル)に泊まることも可能です。

アメックス紹介プログラム(公式サイト)

紹介プログラム適用の条件

入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上利用 

ご自分の周りにSPGアメックスを持っていない方は、私から紹介をさせて頂くことも可能です。

こちら↓のリンクから私宛にリクエストをお送り下さい。

折り返し私から招待メールをお送り致します。

カードの審査に通過し、入会後3ヶ月以内にカードを合計10万円以上利用すると12,000スターポイントが付与されます。

紹介させて頂いた方には、入会から利用まで不明な点があればいつでもサポートさせて頂きます。

※SPGアメックスへの申し込み時にSPGの会員番号が必要なため、先にSPGの無料会員登録を済ませる必要があります。SPG登録後にSPGアメックスのカード申し込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。