JWマリオット・クアラルンプール:SPGアメックスでポイント宿泊&無料朝食&ラウンジを満喫

憧れのファーストクラスも夢じゃない!!
年間20万マイルを貯める方法はコチラ

SFC修行でマレーシアの首都クアラルンプールに行く機会がありましたので、SPGアメックスを利用して「JWマリオット・ホテル・クアラルンプール」に宿泊してきました。

SFC修行の様子はこちら↓

SFC修行⑨ ~クアラルンプール滞在記:入国→KLIAエクスプレス→モノレールの費用と時間は?~

2017.09.28

SPGアメックスとは、正式名称「スターウッド プリファード ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード」の通称で、高級ホテルグループのスターウッドとアメリカンエキスプレスが提携して発行しているクレジットカードです。

世界No.1ホテルグループのマリオット、スターウッド、ザ・リッツ・カールトンで様々な特典が受けられるということで人気沸騰中のカードです。

SPGアメックスの特典の一部

  • 無条件でスターウッド、マリオット、ザ・リッツ・カールトンのゴールド会員になれる
  • ゴールド会員になると部屋のアップグレードレイトチェックアウト(最大16時)が可能
  • マリオットではクラブフロア宿泊者限定のクラブラウンジ(同伴者1名まで)、スパなどが利用可能、また朝食が無料(同伴者1名まで)
  • 年に1泊スターウッドのホテルに無料で宿泊できる
  • クレジットカード決済で貯まるポイントを利用して無料宿泊ができる

つまり、高級ホテルに無料で泊まれる上に、上級会員として特別な待遇を受けられるカードです。

今回、SPGアメックスを発行して初めての宿泊でしたが、部屋のアップグレードに始まり、クラブラウンジの利用、無料の朝食、さらに憧れのリッツカールトンのスパの利用とその恩恵を存分に味わうことができ、SPGアメックスがなければ一生できなかった経験をできました。

しかも今回は入会特典でもらったポイントを使用して無料で宿泊しました。

マリオットのゴールドエリート会員の特典によって、ラウンジやヘルスクラブなども含めて滞在中1円も払うことなく楽しむことができました。

入会特典でもらったのは17,000スターポイント、その内の5,000スターポイントを使用しただけですので、さらに他のホテルにも無料で宿泊可能です。

今回はSPGアメックスの効果を私の体験に沿って、詳しくお伝えしていきたいと思います。

 

 

JWマリオット・ホテル・クアラルンプールの概要

クアラルンプールのマリオットホテル

JWマリオット・ホテル・クアルンプールは、クアラルンプールの繁華街「ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)」にある高級ホテルです。

マリオット・インターナショナルはアメリカのホテル会社でありながら、同じく高級ホテルグループのスターウッド・ホテル&リゾートザ・リッツ・カールトンを傘下に持ち、30のホテルブランド、110か国で5700軒のホテル、110万の客室を擁する、世界最大のホテルチェーンです。(世界2位は90ヶ国以上に約4,000軒、65万室のヒルトン・ワールドワイド)

日本ではヒルトンに比べてマリオットの名前は浸透していない感がありますが、傘下のスターウッドのシェラトン、ウェスティンやザ・リッツ・カールトンは広く知られているブランドかと思います。

ちなみに、今回宿泊したJWマリオットは数あるマリオットのブランドの中でもザ・リッツ・カールトと並ぶ最高級グレードのひとつです。

クアラルンプール周辺のマリオット傘下のホテルはこれだけあります。

<マリオット系列>

カテゴリー ホテル名
3 JWマリオット・ホテル・クアラルンプール
JW Marriott Hotel Kuala Lumpur
3 ルネッサンス・クアラルンプール・ホテル
Renaissance Kuala Lumpur Hotel
3 ホテル・ストライプス・クアラルンプール、オートグラフ コレクション
Hotel Stripes Kuala Lumpur, Autograph Collection
3 ザ・マジェスティック・ホテル・クアラルンプール、オートグラフ コレクション
The Majestic Hotel Kuala Lumpur, Autograph

<スターウッド系列>

カテゴリー ホテル名
6 セントレジス・クアラルンプール
The St. Regis Kuala Lumpur
3 ウェスティン・クアラルンプール
The Westin Kuala Lumpur
3 ルメリディアン・クアラルンプール
Le Meridien Kuala Lumpur
2 シェラトン・インペリアル・クアラルンプールホテル
Sheraton Imperial Kuala Lumpur Hotel
2 アロフト・クアラルンプールセントラル
Aloft Kuala Lumpur Sentral
2 エレメント・クアラルンプール
Element Kuala Lumpur by Westin

<ザ・リッツ・カールトン>

ティア ホテル名
1 ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール
The Ritz-Carlton, Kuala Lumpur

マリオットがスターウッドの買収を完了したのは2016年、そのため現在はブランド毎にマリオット系列、スターウッド系列、ザ・リッツ・カールトンに分かれていて、それぞれ予約の方法だったり、リワード(ポイント)プログラムが独立して存在しています。

それぞれのリワードプログラムのポイントは相互交換が可能でポイント価値は、マリオットリワード ポイント:ザ・リッツ・カールトン ポイント:スターウッド スターポイント = 3:3:1、つまりスターウッドのスターポイント 1,000をマリオットのポイントに交換すると3,000ポイントになります。

ちなみに、既にマリオットとスターウッドのリワードが統合されることが発表されており、2018年に統合される予定です。

上表のカテゴリーやティアというのは各ホテル系列毎の言わばランクのようなもので、このランクによってポイントでの無料宿泊に必要なポイント数が決まっています。(ポイントはホテル宿泊またはSPGアメックスで決済することで貯まります)

例えば、今回宿泊したJWマリオット・ホテル・クアラルンプールはマリオットカテゴリーの3ですので、マリオットリワード 15,000ポイントで宿泊が可能です。

ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール(ティア1)ですと、ザ・リッツ・カールトンリワード 30,000ポイントで宿泊ができます。

ウェスティン・クアラルンプールはスターウッドのカテゴリー3で、7,000スターポイントが必要です。

 

前述の通り、ポイント価値が3:3:1ですので、マリオットリワードを基準にすると、

JWマリオット・ホテル・クアラルンプール 15,000ポイント

ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール 30,000ポイント

ウェスティン・クアラルンプール 21,000ポイント

となり、この3つの中ではJWマリオットが最も少ないポイントで泊まれるホテルということになります。

SPGアメックスによってゴールド会員になることができるのですが、同じゴールド会員でもクラブラウンジが使えたり、朝食が無料になるのはマリオットのみです。

というわけで、JWマリオット・ホテル・クアラルンプールを選択しました。

ちなみに、クアラルンプールはホテルの料金が他の国に比べて圧倒的に安いです。(ホテル以外も全体的に物価は日本より低いです)

あのザ・リッツ・カールトンでさえ2万円台~宿泊できます。

ですので、ポイントを使った宿泊もかなり少ないポイントで済みます。

 

JWマリオット・ホテル・クアラルンプールの場所と行き方

JWマリオット・ホテル・クアラルンプールはクアラルンプール市内の繁華街「ブキッ・ビンタン(Bukit Bintang)」にあります。

ブキッ・ビンタンは多くのショッピングビルがあったり、ジャラン・アロー(Jaran Alor)という屋台街があったり、日本で言うと渋谷と浅草のホッピー通りが合体した感じの場所です。

こちらの巨大ショッピングモール「パビリオン(PAVILION)」の目の前にJWマリオット・ホテル・クアラルンプールがあります。

ウェスティン・クアラルンプールはすぐ隣、ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプールは裏側にあり、ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプールにはJWマリオットと直結するスターヒルギャラリー(Starhill Gallery)内を通って、専用の橋からホテル内に入ることも可能です。

クアラルンプール国際空港(KLIA)からは、電車(KLIAエクスプレス)またはバスでKLセントラル駅へ行き、そこからモノレールまたはMRTでブキッ・ビンタン駅に行くか、空港からタクシーまたはUberなどのライドシェアサービスを使っていくことができます。

詳しい行き方は↓をご覧下さい。

SFC修行⑨ ~クアラルンプール滞在記:入国→KLIAエクスプレス→モノレールの費用と時間は?~

2017.09.28

 

宿泊実績ゼロでも部屋のアップグレードがありました

予約

前述の通り、今回はSPGアメックスの入会特典のポイントを使って無料で宿泊しました。

予約したのは「デラックスルーム・シティビュー」という部屋です。

部屋の概要

広さ:40平方メートル

最大定員:3名

ベッド数:1 キング または 2 ツイン/シングルベッド

ベビーベッド: 1ご利用可

使用ポイント数は15,000ポイントです。

通常の宿泊ですと公式サイトのベストレートで630 RM=約17,000円のお部屋です。

JWマリオットでこの料金ですから他の国で泊まるより遥かに安いわけですが、さらに今回は無料で泊まりました。

マリオットに宿泊するのはこれが人生初ですので、当然宿泊実績はゼロの状態です。

 

エントランス&ロビー

宿泊した時は大規模な修繕工事を行っていました。

エントランス、部屋、ロビー、エグゼクティブフロアなどすべてリニューアルする大工事のようです。

隣接するショッピングビル、スターヒルギャラリーから入りました。

案内に従って進んでいくと地下にフロントがありました。

これで仮設ですからいやはや恐れ入ります。

ホテルに到着したのは午後2時前で、通常のチェックイン開始の時間午後3時より早めに着きました。

アーリーチェックインはゴールド特典として記載されているわけではありませんが、事前に公式アプリでチェックインを済ませたところ、当日の朝8時過ぎには Your room is readyの通知が届いていました。

また、チェックアウトに関してもリクエスト通り12時までオッケーでした。(ゴールドエリート特典ではホテル側の都合にもよるが最大16時まで可能)

 

部屋のアップグレード

ベルスタッフは日本人女性でした。(英語に不安のある私にとっては初めてのマリオットでも安心して滞在できました)

お部屋は最上階よりひとつ下27階、2705号室。

そして、部屋に入って驚きました。

天井が高い!

こんなに天井が高い部屋は初めてです。

解放感がハンパじゃありません。

ひとりには大きすぎるキングサイズベッド。

テレビモニター

窓からの景色はやや微妙。。

ソファー。

無料のドリンク類。

クローゼットとバスローブ。(シワが気になる)

続いてバスルーム。

とてもキレイです。

アメニティはアロマセラピーアソシエイツのもので統一されていました。

アロマセラピーアソシエイツはイギリスの一流アロマブランド。

心地よい香りでした。

バスタブもあります。

シャワーとバスタブは分かれています。

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープもアロマセラピーアソシエイツのもの。

ドレッサーもありましたが、写真撮り忘れました。

そしてこれがルームキー。

シンプルでかっこいいですね。

公式サイトや宿泊サイトを調べてみるとエグゼクティブアクセスが可能なエグゼクティブルームという部屋があって、天井が高かったり、ドレッサーがあるような感じなのですが、掲載されている写真はスタンダードルームもエグゼクティブルームもほとんど同じで、部屋として区別があるのかはっきりわかりません。

フロントスタッフもベルスタッフも何も言ってなかったので、恐らく部屋のグレード自体はそのままで、高層階の部屋に案内されたものと思われます。(高層階の部屋になるのをアップグレードと言っていいのかわからないですが私みたいな初心者がいきなり高層階に案内されるのは間違いなくSPGアメックスのおかげだと思います。ありがたや~)

 

 

エグゼクティブラウンジ(クラブラウンジ)

今回産まれて初めてホテルのクラブラウンジというものを利用しました。

クラブラウンジは、選ばれし者のみが入室を許される、ドリンクやお菓子を自由に食べ飲みできるスペースで、午後にはアフタヌーンティー、夕方からはお酒が楽しめるのが一般的です。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプールでは、ゴールドエリート会員以上またはエグゼクティブアクセス可能な部屋に宿泊した場合に利用可能です。

ゴールドエリート会員は同伴者1名まで利用できます。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプールでは以下の時間で利用可能でした。

 エグゼクティブラウンジ利用時間

全体: 6:00 am ~ 00:00 am

朝食: 6:00 am ~ 11:00 am

アフタヌーンティー: 2:30 pm ~ 5:00 pm

カクテルタイム: 5:30 pm ~ 7:30 pm

バータイム: 7:30 pm ~ 9:30 pm

また、利用の際はスマートカジュアルまたはビジネスウェアを推奨、12歳以上のみ利用可能でした。

 

アフタヌーンティー

ホテル到着後、アフタヌーンティーに行ってみました。

ホテル全面改装中のため、ラウンジは3Fのいかにも仮設という感じのところにありました。

入口にスタッフはおらず、ここがラウンジとも書いてないので恐る恐る中をのぞきます。

見ると客は誰もおらず、スタッフ4人がだべっていました。

勝手がわからないので、立って待っていたら、こちらのど真ん中の席に案内されました。

どうやらドリンクはオーダー、ケーキ類はセルフサービスのようです。

コーヒーをオーダーして、フードを物色します。

サンドイッチ、カナッペ、クロワッサンサンドに、

スコーン、タルト、シュークリーム、フィナンシェ

ショコラケーキ、タルト

フルーツ

クッキー、豆類がありました。

ドリンクはカフェ系

炭酸やジュース、お水がありました。

オーダーしたコーヒーとスコーンなど。

コーヒーは普通でしたが、生菓子のレベルが高かったです。

調子に乗って生菓子だけ全種類食べました。

これ全部タダ!

ラウンジ最高!

 

カクテルタイム

夕方にはお酒が飲めるカクテルタイムがありました。

遅めに行くとアフタヌーンティーとは打って変わってとても賑わっていました。

アルコール類。

日本でも良く目にするもの達。

ワインは赤と白が入っていました。(安めのワイン)

アフタヌーンティー同様コーヒーなどもありました。

続いてフード。

ローストビーフやサラミ、スティックベジタブルなど。

こちらはインドネシア料理のGADO GADO(ガドガド)と呼ばれる温野菜に甘辛のピーナツソースをかけて食べる料理。

ポテトコロッケとハンバーグ

カニコロ、キッシュ、パン

ワインのお供、チーズ

デザートもありました。(アフタヌーンティーと別メニュー)

フルーツも色々。

綺麗な盛り方を学びたい。。

味はまずまずといった感じでした。(スモークサーモンが美味しかった!)

ネットの情報ではシェフが切り分けてくれるローストビーフがあるとのことだったのですが、既に終わっていたのかありませんでした。

もちろんカクテルタイムも飲み放題、食べ放題

でも正直言うと、もうちょっとクオリティ高いのを期待してました。

 

プール・ジャグジー・ジム

クラブラウンジと併せて限られた人だけが利用できるのが、プール、ジム、スパです。

これらの施設も改修中だったため、お隣のザ・リッツ・カールトン・クアラルンプール内の施設を利用することができました。

少々歩かないといけないのが面倒ではありますが、リッツカールトンの施設を利用できるなんてそう滅多にあることではありません。

とは言え、滞在時間が限られていたので、今回はヘルスクラブのみ利用してきました。

リッツカールトンにはスターヒルギャラリー2Fから専用のブリッジを通って入ることができます。

 

ザ・リッツ・カールトン・クアラルンプールのヘルスクラブ(サウナ・ジャグジー)

ヘルスクラブ、プール、ジムは(とキッズルームも)4Fにあります。

南国の雰囲気漂う通路を通って、奥に進むとヘルスクラブがあります。

ヘルスクラブの営業時間はAM 6:00~PM 22:00です。(18歳以上のみ)

マリオット組には鍵を渡してもらえないので、スタッフに部屋番号をお伝えし、案内して頂きました。

中は非常にシンプルな造りになってます。

こちらはロッカールーム。

私以外のゲストは居ませんでした。

着替えて中に入ると正面にジャグジー、右にサウナ、左にスチームサウナの部屋がありました。

思っていたよりもコンパクトでした。

ジャグジーは結構勢いがあります。

泉質などは書かれていませんでしたw

サウナルーム。

こちらはスチームサウナ。

一通り試してみました。

感想としては、「キレイ!」

正直、泉質やサウナにこだわりがないので、クオリティがどうなのかは全くわかりません。

こういった限られた人だけが入れるスパは初めてでしたが、良い点は利用者が限られるので静かに自分のペースで入れるところ、それと男女共用なのでパートナーとゆっくり過ごすことができる点だと思いました。

もちろんシャワー、

パウダールーム、

お水もありました。

 

プール

今回は時間がなく利用できませんでしたが、リッツカールトンのプールとジムも利用可能でした。

プールの営業時間はAM 6:00~PM 21:00です。

ジムは24時間利用可能でした。

ジムはかなり設備が整っていてがっつりトレーニングできる環境でした。

 

 

レストラン Shook!での朝食ブッフェ

マリオットゴールドエリート会員の特典のひとつに朝食無料があります。

会員本人と同伴者1名まで利用が可能です。

無料の朝食がラウンジのみで取れる場合と指定のレストランで取れる場合とホテルによって異なります。

JWマリオット・ホテル・クアラルンプールではクラブラウンジレストラン Shook!どちらも利用可能です。

ブッフェの品数が多そうなShook!を利用してみました。

朝食の時間はAM 6:00~10:30でした。

料理の種類は本当にたくさんあり、数多くのテーブルに分散して設置されていました。

サラダ

ホットミール

オムレツ

ゆで卵もあります

チーズの種類も豊富

パン、ドーナツ

フレンチトースト、パンケーキ、ワッフル

サウジアラビア料理のフール

ダール(豆)カレーとベジタブルカレー

海苔巻きもありました

こちらはソバ。

味噌汁がソバのスープらしい。

ドリンク

フルーツも色々。

いつも取りすぎてしまうので、控えめにいきました。

カプチーノ

そばの正体はそうめんでした。

多国籍なメニューで見ていて楽しかったです。

もちろん味も良かったです。

 

その他のゴールド特典

ウェルカムフルーツ

ラウンジのアフタヌーンティーから部屋に戻るとウェルカムフルーツが置かれていました。

写真ではあまり伝わらないかもしれないですが、かなりのボリュームです。

ラウンジと朝食も付いているので、ひとりでは食べきれませんでした。

 

無料高速インターネット(Wi-Fi)

マリオットやスターウッドは部屋のWi-Fiを高速のものを利用する時は別途料金が必要です。

ゴールド会員の場合は高速Wi-Fiが無料で利用できます。

 

まとめ

SPGアメックスの入会特典のポイントを使って無料宿泊をしてきました。

カテゴリー3ということで他国のJWマリオットに比べるとランクは低いですが、その分少ないポイントで泊まることができました。

SPGアメックスに付帯されるゴールドエリート会員の特典によって、様々な人生初体験をすることができました。

今回受けた主なゴールド特典

  • 高層階への部屋アップグレード
  • エグゼクティブラウンジでアフタヌーンティー&カクテルタイム
  • ブッフェ形式の朝食
  • ギャグジー&サウナ
  • ウェルカムフルーツ
  • 高速インターネット

ラウンジについてはカクタルタイムはやや微妙でしたが、アフタヌーンティーはレパートリーも味も良かったと思います。

また、Shook!での朝食はバラエティーに富んだ料理が並び、楽しませて頂きました。

実は夕食に、ホテル内にある「シャンハイ」という中華レストランに行こうと思っていました。(小龍包が美味しいらしいです)

しかし、ラウンジを利用していたらお腹がいっぱいになってしまい、夕食を入れる余裕がなくなってしまいました。。

そのぐらいクラブラウンジは有用だということです。

改装中とは言えマリオット最高級ブランドということもあって、内装、そしてスタッフの応対も親切かつ丁寧で居心地の良いホテルでした。

というわけで、SPGアメックスデビューでいきなりその力を見せつけられる結果となりました。

今回使ったポイントは15,000(マリオット)ポイント、SPGのスターポイント換算でわずか 5,000ポイント

つまり、SPGアメックスで50万円のクレジット決済をするだけで、無料宿泊にクラブラウンジ、朝食、スパが付いてくる計算です。

今後もこのカードを活用して国内外のホテルに宿泊していきたいと思いました。

 

SPGアメックスは通常、入会後3ヶ月以内に10万円分のショッピングなどに利用(決済)すると10,000ポイントをもらえます。

下記のリンク経由で入会頂くと私からの紹介扱いになり、さらに+7,000ポイント、合計17,000ポイントを獲得できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。