退職金無しサラリーマン、財テクを学ぶ。 退職金無しサラリーマン、財テクを学ぶ。

退職金が無いふつうのサラリーマンが、節約と投資を頑張って老後資金3,000万円をつくる話

人気の記事

夫婦でiPhone 6!!月々2千円台&乗り換え費用ゼロにする方法とは?

      2015/11/03

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6

 

我が家の携帯事情

先月、それまでiPhone 5c(au)を夫婦で使っていたのですが、iPhone 6(Softbank)に乗り換えました。
理由は妻のiPhone 5cの液晶が割れたからT_T
たまたまホワイトプランでiPhone 6 一括0円のお店を見つけたので、スタッフさんに「64GBでも0円にできますか?」と軽い気持ちで聞いたところまさかのokの返事をもらってしまい、とっさに頭の中で計算したところ月々の料金もそれまでと変わらず、かつ諸々の費用も回収できそうだったので、妻にも相談して乗り換えることになりました。
※一括0円と実質0円の違いが分からない方はこちらを参考にして下さいね

ちなみに、我が家は夫婦ふたりのスマホと妻が母親と通話するための端末、計3台を契約しています。
結婚してから夫婦でキャリアを合わせることになったのですが、妻の母は変わらずドコモを使い続けてます。
ドコモのスマホは料金が割高なので、お母さんにauかSoftbankの端末を1台渡してファミリー割で妻と電話をしてもらっています。

さて、気になる料金ですが、今回はiPhone 6 3台を契約して月8,200円程度になりました。

iPhone 6 1台あたり

端末代金 0円
基本使用料(ホワイトプラン) 934円
パケット定額料 5,700円
月々割 -2,704円
のりかえ下取プログラム -448円
のりかえ割(ホワイトプラン2年間0円) -934円
小計 2,548円
合計(税込) 2,752円

×3台契約しました。
お母さんの1台は通話用なので、パケットをダブル定額にして実質使わなければさらに1,000円ぐらい安くできるのですが、今回はお母さんへのサービスということで定額のままにしています。

スマホ料金を安く抑えるなら格安スマホという選択肢もありますが、回線が遅いリスクがあるので今は考えていません。
大手キャリアで最安にするには3月に乗り換えが最強なのですが今回は緊急措置だったのでそれなりの金額に落ち着きました。

乗り換え費用ゼロ!!どうやって??

さて、以前のauは途中解約しましたのでそれだけでも3万円のコストが発生しましたし、その他諸々の費用も掛かりました。
どうやってその費用を回収したのか、そのカラクリはこうです。

収支
クリックすると拡大します

見てお分かりの通り、今まで使っていたiPhone 5c、それから今回0円で手に入れたiPhone6のうち1台を売却したところ合計の買取価格が82,000円になりまして、それを乗り換え費用に充てました。

そんなことできるの!?
できます。iPhone 5以降はSIMが同じなのでiPhone 6用にもらったSIMをiPhone 5に挿せば普通に使えます。(もちろん、SIMロックが掛かっているので同じキャリアの端末でないといけません)

SoftbankのiPhone6用のSIMは、Softbank / SIMフリーのiPhone5 / 5sでも使うことができる!

ので、中古のiPhone 5をヤフオクで落札しました。

そんなことやっていいの!?
正直わかりません。巷では、「iPhone乞食」なるブラックな行為があるようなんですが、今回のケースは契約はそのまま、支払う料金も変わらず、ただ使用する端末を変えただけですので、キャリアが損をするわけではありませんのでまぁ大丈夫だろうと^ ^;
リスクはゼロではありませんので、真似される方は自己責任でお願いしますね。

 

まとめ

  • 本来、乗り換えは3月にやるべきなんですが、とはいえまずまずの条件で乗り換えできました。スマホも自動車や家電と同じで交渉によって料金が変わる商品です。色んなお店で条件交渉してから決断しましょう。
  • スマホを持ちたいけど家族との電話が。。そんな方も乗り換えをうまく使って月々を安く抑えれば今とそんなに変わらないのでは?ちなみに我が家では電話はもっぱらLINE電話を使用してます。

【使わないと損!】電話代が劇的に安くなる通話アプリを徹底比較!Viber,LINE,Skype等

  • 1台どんな端末でもいいという回線をうまく使って乗り換えの費用をカバーできる方法があった!(くれぐれも自己責任でお願いします)
これらの記事も一緒にいかがですか? 

 - 節約術