退職金無しサラリーマン、財テクを学ぶ。 退職金無しサラリーマン、財テクを学ぶ。

退職金が無いふつうのサラリーマンが、節約と投資を頑張って老後資金3,000万円をつくる話

人気の記事

無料で充分!家計簿アプリ「マネーフォワード」をオススメする理由

      2016/08/26

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は2016/8/26に更新しました

今日は、家計簿アプリ「マネーフォワード」を紹介します。

私も3年ほど使い続けていますが、本当に便利です。

それまで家計簿なんて付けたことなかったのですが、マネーフォワードを始めてからお金の管理ができるようになりました。

と言ってもレシートをピコピコ読み込んで、、、みたいな面倒な作業はしていません。

マネーフォワードなら、家計簿は付けるものではなく、「ネットに繋ぐだけで見れるもの」に変わります。

当たり前ですが、お金の管理ができるようになると、改善がしやすくなります。ので、貯金が貯まりやすくなります。

それから、収支がきちんと出るので、このままいくと老後ヤバイなというのも明るみになります(笑)

私は、マネーフォワードをきっかけに、

電気代の節約をしてみたり

myでんき(東燃ゼネラル)
今年3月、電力小売り自由化を前に、東京電力から東燃ゼネラルへの変更を決め、申し込みをしました。 その際、電力自由化後の契約先の選び方、比較のポイント、そしてなぜ我が家が東燃ゼ

 

住宅ローンを見直したり

住宅ローン
今月ついに、住宅ローンの借り換えをします。 ↓の記事やツイッターでお伝えしてましたように、三井住友信託銀行の当初固定30年(金利0.73%)へ借り換えます。 http:

 

財テクの検討がしやすくなったり

児童手当
児童手当って結構大きな額を頂けるので、貯蓄するのか、何かに使うのか悩みますよね?学資保険を検討されている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか? 昨年4月に娘が産ま
トヨタ自動車
2015年7月にトヨタ自動車が売り出した「AA型種類株式」。 マスメディアで「元本保証かつ最大利回り2.5%」という内容で大きく取り上げられ話題になりました。 こちらは

 

と、もうこれ無しには生きられないところまで来てしまいました。

 

前置きが長くなりましたが、ここでは

・CM見て気になってるけど、これまでの家計簿アプリと何が違うの?
・家計簿なんて今までも続いたこと無いからさ…
・便利そうなんだけどセキュリティ的に不安です

といった疑問、不安をお持ちの方に向けて参考になる情報を提供したいと思います。

 

 

さて、改めてマネーフォワードって何?

一言でいうと、“カンタン”に「資産」と「支出」の状況が”いつでも”わかるサービスです。
銀行口座や証券口座、クレジットカード、楽天やAmazon、携帯キャリアのIDなどを事前に連携させておくことによって、その後“何もしなくても”収入と支出、資産の状況をいつでも見られるサービスです。

スマホアプリだとこんな感じで見れます。

資産を確認
マネーフォワード スマホ 資産

収支を確認
マネーフォワード スマホ 支出

 

パソコンでも同じように見れます。

資産を確認
マネーフォワード PC 資産

収支を確認
マネーフォワード PC 支出

 

データはマネーフォワードのサーバ上にありますので、ネット環境さえあればどの端末からでもいつでも同じ情報を見ることができます。

 

これまでの家計簿アプリと何が違うの?

① 支出に”入力漏れがない”

これまでの家計簿アプリといえば、1か月の支出の予算を立てておいて、実際に買い物をしたらレシートをスキャンするか手入力などをして支出金額を積み上げていく。
予算を超えたらアラートが出るなどして、支出を抑えましょう。
みたいなアプリが多かったと思います。

で、だいたい起こる問題が「入力漏れ」。
「1か月間コツコツ入力したのに、収支とお財布(と銀行口座)の残り金額が合わない!」みたいなことってありませんか?

マネーフォワードはそれらのサービス・アプリとはまったく思想が異なり、「資産ありき」で設計されています。
例えば500万の貯金があります。1か月後490万に減っていました。だから先月の収支は-10万円ですね。
と考えるのがマネーフォワードです。
ので、先の「収支とお財布の残り金額が合わない!」みたいなことがなく、収支と資産の変動が一致します。

ここが結構重要だと思ってまして、せっかく忙しい合間にコツコツレシート読み込んだのに、最後に辻褄が合わないとやる気をなくしませんか?
少なくとも気持ち悪さが残り、本来の目的と関係ないところでストレスを抱えることになります。
私はそういうことが何度もあったのですが、皆さんはいかがでしょうか?

 

② もちろん支出の詳細もわかります

マネーフォワードではあらかじめ銀行口座やクレジットカード、楽天やAmazon、携帯キャリアのID等を連携させることにより、収支を把握します。
(それセキュリティ的に大丈夫なの?については後述)

マネーフォワード 連携画面

連携画面はこんな感じ

ライフスタイルによって個人差はあると思いますが、収入のメインとなる給料は銀行口座に振り込まれる方がほとんどだと思いますし、支払においては、光熱費や通信費はクレジットカード、月謝やローンの支払いなどは銀行引き落としなど毎月決まって支払うものはクレカもしくは口座引き落としという方が多いかと思います。

(あらかじめ連携させておけば)これらの情報が自動でマネーフォワードに取り込まれますので、どこの会社・お店からいくらの請求で引き落とされたのかということが何もせずとも把握できます。)

また、楽天やAmazon等のIDを連携すれば買物した時の商品情報も取り込んでくれます。

問題はそれ以外の現金で支払う支出はどうするのか。これについては利用する人によって2つのタイプにわかれると思います。
ひとつは細かく支出を把握したいきっちりタイプ、もうひとつは大きい支出だけ把握するざっくりタイプです。
マネーフォワードでは銀行口座から現金を引き出す時にその金額を支出とみなすルールになってます。銀行口座は予め連携してあるので、その後何もしなければ引き出した金額は「使途不明」の支出として扱われます。もし、支出項目を残したいのであれば、その後現金を使った時に手入力もしくはレシート読み込みで例えば「昼食代 700円」と入力すると、「昼食代」として支出が追加されると同時に、先に引き出した金額から「700円」が減る仕組みになってます。
ので、前述のきっちりタイプであれば現金支払い毎に手入力をしますし、ざっくりでいい人は何もしない、もしくは大きな支出があった時だけ手入力をすればよいことになります。

ちなみに、「食費」や「日用品」などのジャンルをある程度自動で振り分けてくれる機能もついてます。(これも意外とスゴイ!)

 

③ ってことは結局手間をかけないと支出を把握できないってこと?

「なぜ家計簿を付けるのか」に立ち返った時、大事なのは目的を果たすことだと思います。

目的は、貯金を溜めること、老後の資金をつくること、資産を増やすことなど人それぞれあると思います。

その為に最も重要なのは、本当の収支がプラスかマイナスかを正確に把握することだと思います。

前述の通り、これまでの家計簿アプリ(サービス)では入力漏れを教えてくれることはないので、本当の収支はマイナスなのに家計簿上はプラスになってしまうことが起きるリスクがあります。

あるいは、きちんと入力する為に相応の時間を割かなければなりませんでした。

マネーフォワードの最大の強みは、最初に口座などを連携させるだけで、あとは手放しでも収支を把握できることにあります。

その上で、細かい収支を把握したい人だけ細かく入力すればよいのです。

ちなみに私は、コンビニでは電子マネーのid、クレジットカードが使えるお店ではクレジットカードを使うようにしているので、1か月で手入力するのは数回です。

 

④ 収支だけでなく資産の状況が把握できます

すみません、少し回りくどくなりました。

仕切り直して、マネーフォワードの特徴のもうひとつは、(冒頭お見せした画面のような)資産の状況がいつでも把握できるところです。

銀行口座がひとつだけ、あとは株もFXもやってないという方は資産の管理に困ることはないかもしれませんが、複数の口座を持っている人にとってはこれはとてもありがたい機能です。

これまではひとつひとつのサービスにログインして確認する必要があったものが、1画面ですべて見られるのですから。

特に投資活動をしている人は毎日のチェックが楽になると共に、ポートフォリオ(資産のバランス)を注視できるようになる点が大きいと思います。

投資活動をしていない人にとっても、資産の推移を(無料登録の場合)過去1年分見れますので、貯蓄をするモチベーションに繋がると思います。

 

⑤ とにかくカンタン

マネーフォワードは進化がとにかく早いです。

連携先もどんどん増えていますし、アプリのバージョンアップを頻繁に行っており、その度に使い勝手がよくなり、入力の手間が減ったり、資産・支出の状況が見やすくなっています。

今後も益々素敵なサービスになっていくことを期待しています。

 

 

セキュリティは大丈夫なの!?

こちらの記事をご覧ください

マネーフォワード 不正アクセス
前回記事はこちら http://zai-tech.net/familybudget/moneyforward/ 今回は、「家計簿アプリのマネーフォワード、便利そ

 

ダメなところは無いの?

無料プランの場合、データの保持期間が1年です。

1年前のデータは見れなくなってしまいます。

月額500円のプレミアムプランに入会するという手もありますが、もったいないので、私は定期的にExcelにデータをコピーするようにしてます。

コピーするデータは、月単位で支出のカテゴリ毎に小計を表示してくれる「収支内訳」です。

食費が〇円、日用品〇円、水道・ガス・電気〇円という単位でメモを残しています。

私は↓の通り、毎年の収支計画を事前に作っていますので、

20150806_catch
前回は私がこのサイトを始めるに至った経緯をお話ししました。 http://zai-tech.net/familybudget/hajimari/ 50年計画を作って

年に1回、先ほどのコピーした支出に収入のデータを加えて収支を出し、元々の予定との比較をしています。

こんな感じでやってます。

家計簿
2015年も残りわずかとなりました。我が家では一昨年の暮れに50年間の資産計画をつくりまして、毎年点検、修正をするようにしています。今年も1年の振り返りと来年以降の計画を修正しまし

こういった振り返りがしやすいのもマネーフォワードのおかげです。

 

 

本日のまとめ

  • マネーフォワードは超簡単に資産と支出を管理できるサービス
  • 支出を漏れなく管理できるのでストレスフリー
  • 進化が早いので今後の機能追加にも期待!

 

これらの記事も一緒にいかがですか? 

 - 家計&資産形成