退職金無しサラリーマン、財テクを学ぶ。 退職金無しサラリーマン、財テクを学ぶ。

退職金が無いふつうのサラリーマンが、節約と投資を頑張って老後資金3,000万円をつくる話

人気の記事

家賃振込忘れ防止!毎月の資金移動を手数料無料で自動化する方法!

      2016/11/16

このエントリーをはてなブックマークに追加

家賃や月謝など、毎月決まった日に振込をしたり、引き落としのために給与口座から別の口座にお金を移したりすることってありませんか?

あるいは、給与振込口座が会社に指定されていて、不便に感じていたりする方もいらっしゃるかと思います。

私の場合、↓のように、給与が振り込まれる銀行と、ローンを借り入れている銀行が別々のため、毎月引き落とし日より前に資金を移動する必要があります。

住宅ローン
今月ついに、住宅ローンの借り換えをします。 ↓の記事やツイッターでお伝えしてましたように、三井住友信託銀行の当初固定30年(金利0.73%)へ借り換えます。 http:
自動車ローン
自動車をお持ちのみなさん、ローンはどの金融機関で組んでいますか? 私は昨年11月に中古車を購入してローンを組んだのですが、「東京信用金庫」から借入しました。 そ

 

この作業ってとっても煩わしいですし、何より忘れてしまうとトラブルに発展しかねません。

今回は、こういった煩わしさから解放する方法をご紹介します!

現在利用中の銀行は問いません!どの銀行でも対応可能です。

 

 

手数料無料で自動的に資金を移動する方法

それでは、早速、手数料無料で、自動的に資金を移す方法を説明しますね。

先に、簡単な概要をお伝えします。

  • 住信SBIネット銀行の口座が必要
  • 事前に1度だけ設定すれば、あとは自動でお金が移動します
  • 振込手数料無料は、基本月1回(少し頑張ると3回にできます)

私の場合は、このような流れで毎月資金の移動を行っています。

銀行間の資金移動の流れ

住信SBIネット銀行をハブ(中継地点)に、自動入金と自動振込によって、資金を移動させます。

自動入金は常に無料、自動振込も回数制限がありますが無料で利用可能です。

順に詳しく説明しますね。

 

① 住信SBIネット銀行の口座開設

住信SBIネット銀行_口座開設

住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立されたインターネット専業銀行です。

住宅ローン金利が低かったり、振込手数料やATM利用手数料の無料枠があったり、少し変わった定期預金があったりと、ネット専業ならではの独自性とローコストなサービスがウリになってます。

住信SBIネット銀行には、「定額自動入金」と「定額自動振込」というサービスがあり、この2つを組み合わせることにより、前述のような資金の移動が可能になります。

住信SBIネット銀行 – 口座開設

※他行宛て振込手数料無料の回数を1回から3回に増やしたい場合は後述の方法もご確認の上、口座開設をして下さい

口座開設の際は、↓の方法でとてもお得になります

ANA B-787 サムネイル
「マイルを貯めると、航空券をタダでGETできる」 このことをご存知の方は非常に多いと思います。 ただ、同時に 「飛行機たくさん乗る人だけでしょ?」 「クレジ

 

② 「定額自動入金」の新規申込

口座開設が完了したら、ログインをして、設定作業を行います。

まずは、移動元の口座から住信SBIネット銀行にお金を移す設定です。

定額自動入金は、指定する銀行口座から住信SBIネット銀行の自分の口座に毎月一定額を振替してくれるサービスです。

メニューの「振込・振替・支払」から「定額自動入金」を選択して、画面に従って申し込みをします。

こんな感じで登録されます。

住信SBIネット銀行 定額自動入金

毎月5日または27日のどちらかの引き落とし日を選択、4営業日後に口座に入金されます。

利用料は無料で、最大5件まで設定可能です。

住信SBIネット銀行 – 定額自動入金サービス

 

③ 「定額自動振込」の新規登録

続いて、定額自動入金によって住信SBIネット銀行に入ったお金を、移動先の銀行口座に移す設定です。

メニューの「振込・振替・支払」から「定額自動振込」を選択して、画面に従って登録します。

定額自動振込は、指定する口座に毎月自動で振込をしてくれるサービスです。

こんな感じです。

住信SBIネット銀行 定額振込入金

こちらは、毎月の決まった日付、あるいは決まった週の曜日を指定して振込ができます。

最大10件まで登録が可能ですが、定額自動振込で設定した振込にも通常の振込と同じように手数料が発生します。

住信SBIネット銀行では、全員、最低月1回は振込手数料無料です。

ので、資金移動先が1ヵ所であれば、手数料無料でいけます。

無料回数の増やし方については後述します。

住信SBIネット銀行 – 定額自動振込サービス

 

※注意点

移動スケジュールに注意

自動入金は引き落としから4営業日後。そして、自動振込は、土日祝日には処理が行われません。

従って、自動入金と自動振込の間隔を詰め過ぎると、カレンダーによっては、入金が完了する前に振込日を迎えるケースもでてくるため、注意が必要です。

そのため、私は給与振込日を起点に、1週間の余裕をもって住信SBIネット銀行に入金、その約1週間後に振込、実際の引き落とし日もそこから約10日間の間隔があるというスケジュールを組んでいます。(これによって、資金が本来より1ヶ月分余分に必要になってしまうのですが、確実にお金を移動することを優先して、その点は諦めてます。)

 

他行宛て振込手数料の無料回数に注意

定額自動振込の実行日を月末、月初にする場合は注意が必要です。

前述の通り、振込手数料無料には回数制限があります。そして、自動振込は土日祝日には行われません。

例えば、毎月月末に振込設定をしていて、10/31が土曜日だった場合、最初に土日祝日の場合に「前営業日に振込」か「翌営業日に振込」かを選択するのですが、翌営業日に振込を選択していると、実際振り込まれるのが11/2(月)ということになり、本来10月の振込手数料無料枠を使うはずが、11月の無料枠を使うことになります。(振込手数料無料が1回だったら、11/30の振込に手数料が発生します)

 

端数が残る場合も

自動振込については、1円単位で自由に設定できますが、自動入金は1万円以上1,000円単位でのみ設定できます。

ので、最終的な移動先での引き落とし額が1,000円単位未満の場合は、毎月毎月端数が出てしまうことになります。

これも諦めるしかありません。

 

サービス終了には注意

現時点ではこのやり方でうまくいっていますが、自動入金、自動振込どちらかのサービスが終了すると、この方法は使えなくなります。

あるいは、振込手数料の無料回数の変更により、何かしらの変更をせざるを得ない時が来るかもしれません。(実際、2016年に無料回数のルール変更がありました)

サービス内容が変更される場合は住信SBIからメールで連絡があると思いますので、定期的にチェックするようにしましょう。

 

振込手数料の無料を月3回以上にする方法

最後に振込手数料の無料の回数を増やす方法です。

実は以前は、以下に説明するような方法をやらなくても、誰でも毎月3回まで振込手数料無料でした。

2016年2月に開始された「スマートプログラム」というルールによって、よりたくさん利用している人を優遇し、そうでない人には制限が加わりました。

スマートプログラムには、ランク1~4までの4つのランクがあり、各ランクに応じて、下記のように手数料無料の内容が違います。

住信SBIネット銀行 スマートプログラム

先ほどまで説明してきた、定額自動振込サービスの手数料無料というのは、この表の「当社から他行への振込手数料無料回数」を指しています。

何も考えずに住信SBIネット銀行の口座を開設するだけだと、ランク1になり、振込手数料無料は月1回となります。

ですが、次の方法によって、ランク2、つまり振込手数料無料を月3回にすることができます!

 

ランク2の条件は、F、G、Hのいずれかの条件に該当することです。

F 総預金の月末残高が100万円以上
G 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に2つ以上該当

  • 1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
  • 2. 仕組預金の月末残高あり
  • 3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
  • 4. カードローンの月末借入残高あり
  • 5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
  • 6. 給与、賞与または年金のご入金あり
  • 7. 純金積立のご契約あり
  • 8. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上
H 総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 30歳未満

Fの預金100万円はちょっと厳しいですよね。

30歳未満の方は、Hルールによって総預金の月末残高 1,000円以上でランク2達成となり、かなり楽です。

30歳以上の方はG欄での達成を目指すわけですが、その中で、条件を満たしやすいのが

「外貨預金 月末残高あり」と「SBIハイブリッド預金 月末残高あり」です。

耳慣れない言葉もあって難しそうと思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

それぞれのやり方を解説いたします。

住信SBIネット銀行 – スマートプログラム

 

「外貨預金 月末残高あり」にする方法

① メニューから「外貨普通預金」にアクセス

住信SBIネット銀行 外貨預金

② 取引前の規約等の確認をします

住信SBIネット銀行 外貨預金2

③ 収入や投資経験などの情報を入力します。

住信SBIネット銀行 外貨預金3

これで準備完了。

④ 円預金を外貨預金に替えます。

スマートプログラム ランク2の条件は、「外貨預金 月末残高あり」のため、金額はいくらでもOKです。

今回は米ドル 1ドルにしてみました。

住信SBIネット銀行 外貨預金4

⑤ 取引完了。米ドル 1ドルの外貨預金ができました。

かかったコストはわずか103円。(この103円は寝かすことになりますが、要らなくなったら円に戻せます)

住信SBIネット銀行 外貨預金5

以上が、外貨預金の方法です。

簡単ですよね??

 

「SBIハイブリッド預金 月末残高あり」にする方法

SBIハイブリッド預金は、住信SBIネット銀行の口座とSBI証券の口座を共有(シェア)できるようにして、ATM引き出しや振り込みにも使えるし、投資にも使えるようになる便利な機能です。

スマートプログラムの条件である、「SBIハイブリッド預金 月末残高あり」は、このハイブリッド預金を申し込んで、1円以上口座に入っていれば、達成できます。

 

① 円預金→SBIハイブリッド預金→申し込み に進みます

SBIハイブリッド預金

② SBI証券口座に接続します

SBI証券の口座を持ってない場合は開設する必要があります

SBI証券 – 口座開設

口座開設の際は、↓の方法でとてもお得になります

ANA B-787 サムネイル
「マイルを貯めると、航空券をタダでGETできる」 このことをご存知の方は非常に多いと思います。 ただ、同時に 「飛行機たくさん乗る人だけでしょ?」 「クレジ

 

SBIハイブリッド預金2

③ 預り金自動スィープサービスに申し込みます

SBIハイブリッド預金4

④ SBIハイブリッド預金 申し込み完了

SBIハイブリッド預金5

⑤ SBIハイブリッド預金に振替

住信SBIネット銀行の振替で1円以上SBIハイブリッド預金に振り替える方法、

住信SBIネット銀行 ハイブリッド預金6

または、SBI証券口座に1円以上を入金

住信SBIネット銀行 ハイブリッド預金7

いずれの方法でもできます。

(SBI証券口座への入金は、対応のネット振込サービスであれば無料で即時できるので便利です)

 

以上がSBIハイブリッド預金の申し込み方法です。

住信SBIネット銀行口座、SBI証券口座の両方とも新規開設する場合は、住信SBIネット銀行口座の開設ページから申し込みを進めると、

住信SBIネット銀行 口座開設 スマートプログラム

このように、SBI証券口座、SBIハイブリッド預金、預り自動スィープサービスの申し込みの選択肢が出てきますので、「申込む」にチェックをすれば、上記の必要な手続きを簡略化できます。

※口座開設時に、SBIカード発行でもスマートプログラムのランクアップができるように奨められますが、SBIカードは年間10万円以上使わないと、2年目以降年会費がかかるので、注意が必要です。

 

 

おわりに

外貨預金(最低1通貨)をして、SBIハイブリッド申し込みをして、預金残高が1,000円以上あれば、ランクC達成となります。

ランク判定は毎月月末です。月末に条件を満たしていると、翌々月の1ヶ月がランク対象期間となります。

住信SBIネット銀行 スマートプログラム ランク2

さすがにランク3は、ハードルが高いですが、ランク2までであれば誰でも達成できます。

最初に少し手間はかかりますが、その後、毎月の煩わしい作業から解放されると思うと、やって損はないかと思います。

 

以上、毎月の振込や資金の移動を簡単にする方法でした。

住信SBIネット銀行もSBI証券も口座開設の際は、↓の方法でとてもお得になります

ANA B-787 サムネイル
「マイルを貯めると、航空券をタダでGETできる」 このことをご存知の方は非常に多いと思います。 ただ、同時に 「飛行機たくさん乗る人だけでしょ?」 「クレジ
 

 - 銀行